メインコンテンツまでスキップ

混在パス・システムのストレージ構成の意味は何ですか。

Views:
203
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fas-systems
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

FAS システムと AFF システム

回答

デフォルトでは、外付けシェルフを使用するすべてのネットアップシステムは、個々のディスクドライブへの冗長なストレージパスを備えた状態で出荷されます。システムにディスクドライブへの使用可能なデータパスが混在している場合、 2 つのデータパスと 1 つのデータパスを持つデータパスが混在している場合、システムストレージ構成は「 mixed-path 」または「 partial-path 」と呼ばれます。スタンドアロンシステムの場合(ストレージシステム / プラットフォーム / ノードが 1 つだけで、クラスタライセンスが実行されていない場合)、デフォルトの設定は「デュアルパス」と呼ばれます。

各ディスクドライブへの複数のデータパスを使用することで、最大レベルのフォールトトレランスを実現できます。Data ONTAP では、単一のパスが失われた場合に、冗長データパスが自動的に使用されます。

追加情報

この記事では、次の内容について

  • 混在パスシステムのストレージフォルトトレランスに悪影響を与える
  • ディスクドライブのデータパスの数を確認する方法
  • 3 つの混合パスの例

混在パスストレージの障害:
混在パスの状態は、通常、ストレージハードウェアの障害またはケーブル接続の問題が原因です。 考えられる原因は次のとおりです。

  • ストレージケーブルを取り外したか、破損している
  • 検出されたエラーによりポートが無効になりました
  • シェルフ I/O モジュールの障害
  • 1 つのパスがオフラインになるディスク

混在パス構成は、すべてのディスクドライブへの 2 つのデータパスを持つシステムよりも、ストレージ障害に対する耐障害性がはるかに低くなります。混在パスシステムで、少なくとも 1 つのディスクへのパスが少なくとも 1 つ失われています。MPHA システムには 2 つのデータパスがあります。マルチパスに設定されていない場合は、マルチディスクパニック、 RAID ボリューム障害、マルチディスクエラーによる CFO テイクオーバーケースなど、ストレージの中断に対して脆弱です。

コンソールからディスクパスを確認する方法
:混在パスの状態は、通常、ストレージハードウェアの障害またはケーブル接続の問題が原因です。 考えられる原因は次のとおりです。

  • ストレージケーブルを取り外したか、破損している
  • 検出されたエラーによりポートが無効になりました
  • シェルフ I/O モジュールの障害
  • 1 つのパスがオフラインになるディスク

混在パス構成は、すべてのディスクドライブへの 2 つのデータパスを持つシステムよりも、ストレージ障害に対する耐障害性がはるかに低くなります。混在パスシステムで、少なくとも 1 つのディスクへのパスが少なくとも 1 つ失われています。MPHA システムには 2 つのデータパスがあります。マルチパスに設定されていない場合は、マルチディスクパニック、 RAID ボリューム障害、マルチディスクエラーによる CFO テイクオーバーケースなど、ストレージの中断に対して脆弱です。

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.

 

  • この記事は役に立ちましたか?