メインコンテンツまでスキップ

iSCSIを使用するWindowsでMPIOが設定され、Path Verify Enabled(PVE;パス検証が有効)が0に設定されている理由

Views:
127
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-dsm-for-windows-mpio
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  • NetApp ONTAP 9.
  • Microsoft Windows® Server 2016

回答

  • これはレジストリ値セットであり、ホスト OS レイヤで設定できる 1 つのオプションであり、 30 秒ごとにすべてのパスでターゲットを効果的にプローブできます。  0はこの機能を無効にし、1は有効にします。 
  • Windows Unified Host Utilities 7.1では0に設定され、 バージョン7.2では1に設定されます(変更については最新のドキュメントを参照してください。)
    1. HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\mpio\Parameters\PathVerifyEnabled

これらのパラメータを変更する前に、これらのテクニカルサポートリソースを参照してください。すべてのベンダーがサポートしていない設定を行うと、データアクセスが失われる可能性があります。

  1. ホストのオペレーティングシステム。
  2. ご使用のイニシエータ用のホストバスアダプタ( HBA )ベンダーおよび MPIO ドライバのマニュアル。
  3. ストレージプラットフォームのベストプラクティスドキュメント。
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.