メインコンテンツまでスキップ

アドバンストディスクパーティショニング(ADP)に移行するにはどうすればよいですか?

Views:
610
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
disk-drives
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • All FASシステム
  • All AFFシステム

説明

ONTAPはリリースごとにストレージ効率の限界を押し広げ続けており、 こうしたイノベーションの恩恵を受けているお客様もいます。たとえば、一部のシステムでルートアグリゲートがドライブ全体に配置されている場合、パリティやスペアディスクのオーバーヘッドの削減など、ストレージ効率を高めるために、ルート/データ(ADPv1)またはルート/データ/データ(ADPv2)パーティショニングに移動することができます。

また、一部のお客様は、フラッシュのメリットを享受し、パリティとスペアディスクのオーバーヘッドをさらに改善するために、HDDのADPv1からSSDのADPv2に移行したいと考えている場合もあります。この記事では、ルートアグリゲートをドライブ全体からADPv1(ADPv2)に移行する手順と、ルートアグリゲートをADPv1からADPv2に移行する手順について説明します。ADPv2はSSDでのみサポートされます。

この手順は無停止で実行できるため、ルートアグリゲートの移行中も引き続きアプリケーションを実行できます。  この手順では、データがある既存のHAペアを想定しています。  新しいHAペアを作成する 方法については、「ONTAP 9を使用してHAペアを転用する方法 」または   アドバンストディスクパーティショニング(ADP)に取り付けられている一部のディスクセットを使用する方法」および「アドバンストディスクパーティショニングのルール」を参照してください。

前提条件
ADPv1/ADPv2に移行するには、移行を成功させるための前提条件を以下に示します。
  • ノードがHA構成システム(HAペア)の一部である必要があります。
  • バグ 935935の修正を含むONTAPバージョンを実行している必要があります 。Feature Request:「system node migrate-root」コマンドでパーティショニングされたディスクをサポートする必要があります。
  • ルートアグリゲートの移動先となるドライブタイプのドライブが少なくとも8本必要です。ノードあたりの推奨ドライブ数は12本以上です。
  • HAペアの2つのノード間でデスティネーションドライブを均等に分散できるように、ドライブの数を偶数にする必要があります。
  • デスティネーションドライブは、パーティショニングされていないスペアディスクである必要があります。
  • デスティネーションドライブは、シンパーティション上のルートアグリゲートスライスを収容できる十分な大きさで、1つまたは2つのデータパーティション用に十分なスペースを残しておく必要があります。
  • ルートアグリゲートを現在ホストしているFASまたはAFFシステムでADPがサポートされている必要があります。
    • エントリレベルのFASプラットフォームでHDDのADPv1をサポート
    • ミッドレンジのFASプラットフォームでは、bootarg経由でのみHDDのADPv1がサポートされます。
    • SSDでは、すべてのAFFプラットフォームでADPv2のみがサポートされます。
    • FAS2750、FAS8200、FAS8300 / 8700、FAS9000、FAS9500はSSDでのみADPv2をサポート
  • HAペアの両方のノードが正常な状態であり、RAIDグループが再構築、障害ディスクコピー、または再パリティ処理を実行していない必要があります。
  • ルートアグリゲートはどちらのノードでもミラーリングしないでください。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.