メインコンテンツまでスキップ

Active IQ Wellness :最大で高い影響 - このシステムは、平均 CPU 利用率が高いことを報告しています

Views:
32
Visibility:
Public
Votes:
2
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8.2 7-Mode 

回答

この情報を確認する価値:

CPU利用率の高さは、特にONTAP 9やData ONTAP 7-Modeで問題になるわけではありませんが、システムの現在のワークロードのスループットと一緒に指標になるため、増加を監視する必要があります。   システムの利用率がCPU利用率で測定されると、I/O処理のレイテンシが増加し、システムを使用するアプリケーションのパフォーマンスに影響する可能性があります。 

この健全性チェックはどのように検証されますか? 

ONTAP 9およびData ONTAP 7-ModeのCLIを使用してCPU利用率を検証する方法の詳細については、KB:「 CPU utilization in Data ONTAP: スケジュール設定と監視
 
リスクは、日次パフォーマンスデータ通知AutoSupportメッセージでNetAppに送信されるAutoSupportカウンタマネージャデータを介して検証されます。 
 

既存のすべてのNetAppシステムの平均CPU利用率を確認して、このアラートの影響レベルを特定します。 

  • 99.5パーセンタイル値または上位0.5%を超える値は、高リスクになります。
  • 99パーセンタイルから99.5パーセンタイルまでの値は、中程度のリスクになります。 
このActive IQウェルネス規則で提供される情報について、どうすればよいですか?  

このプロアクティブなActive IQ警告の計画がすでにある場合は、Active IQダッシュボードで承認してください。  これにより、表示されるウェルネス警告が、対処する計画がない問題であることが保証されます。 
 
このタイプのシナリオに対処するには: 

  1. スループット(xBps/IOPS/、CPU %(AVGおよびピーク)などのワークロード指標を監視し、傾向を追跡して、パフォーマンスへの影響が発生するポイントに到達する前に対応して計画できるようにします。   [1] ONTAPのドキュメントに記載されているパフォーマンス管理のガイダンスや、7-Modeの通常のsysstat -Mのスケジュール設定から始めるとよいでしょう。 
    監視中 にレイテンシの増加とCPU %の増加を検出した場合は、必要に応じてワークロードを削減または再配置して、期待されるパフォーマンスを維持することを計画します。 
  2. [2] パフォーマンスを監視するためにActive IQ Unified Managerを使用することをお勧めします。 
    ワークロードのレイテンシはシステムの負荷に応じて増加するため、問題の可能性を最もよく示す指標です。
  3. ActiveIQを使用し てCPUの推移を確認します。 

    1103632-1.png
 
  1. CPU利用率が常にノードあたりの60%を超える場合(ONTAPリリースが7-Modeまたは9.6以前の場合)、またはノードあたりの70%を超える場合(ONTAPリリースが9.7以降の場合)は、ワークロードを確認して負荷の低いノードにワークロードを再配置することを推奨します。
  2. 使用率が断続的に上昇している場合、または一度だけ上昇している場合は、継続的な監視以外の措置を講じる必要はありません。
  3. System Manager またはCLIを使用してボリュームを移動できます。 
  4. 詳細については、KB:「 Data ONTAPのCPU利用率:スケジュールと監視」を参照してください。

追加情報

このトピックに関する詳しい情報はどこで入手できますか? 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.