メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP で、移行した SnapLock ボリュームの監査ボリュームを設定する方法

Views:
28
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
CORE
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • ONTAP 9 
  • Data ONTAP 7
  • SnapLock

説明

SnapLock 監査ボリュームの移行は、 7-Mode Transition Tool 3.1 からサポートされます(ターゲットクラスタで ONTAP 9.0 以降が稼働している場合)。SnapLock 監査ボリュームを移行する前に、次の点に注意してください。

SnapLock 監査ボリュームの移行に関する考慮事項

: SnapLock ボリュームは SnapLock Compliance タイプです。したがって、 7-Mode Transition Tool からの SnapLock 監査ボリュームの移行ワークフローは、 SnapLock Compliance ボリュームの移行ワークフローと同じです。


SnapLock Compliance ボリュームは、 MetroCluster 構成のターゲットクラスタに移行できません。SnapLock 監査ボリュームは SnapLock Compliance ボリュームタイプであるため、 MetroCluster 構成のターゲットクラスタに移行することもできません。

Data ONTAP 7-Mode システムでは、 SnapLock 監査ボリュームは常にデフォルト vFiler ユニットの一部であり、すべての vFiler ユニットのすべての SnapLock Enterprise ボリュームの統合監査リポジトリとして機能します。したがって、監査ログ情報を移行する場合は、デフォルト vFiler ユニットの SnapLock 監査ボリュームを移行する必要があります。

clustered Data ONTAP では、 SnapLock 監査ログボリュームは SVM レベルで設定されます。7-Mode に複数の vFiler ユニットにまたがる SnapLock Enterprise ボリュームがあり、監査処理のために共通の SnapLock 監査ボリュームを共有している場合、移行中はこの動作を維持できません。これは、各 SVM に、 clustered Data ONTAP で個別の監査ボリュームを設定する必要があるためです。


SnapLock 監査ボリュームオプションの移行に関する考慮事項:
  • オプションsnaplock.autocommit_periodは移行の一部として移行されます。
  • snaplock.compliance.write_verifyこのオプションは、 clustered Data ONTAP では使用できません。
  • snaplock.log.default_retentionsnaplock.log.maximum_sizeオプションとは、 clustered Data ONTAP でサポートされています。ただし、 7-Mode Transition Tool では、これらのオプションは clustered Data ONTAP に移行されません。 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.

 

  • この記事は役に立ちましたか?