メインコンテンツまでスキップ

ONTAP EMS メッセージ「 CSM.mismatchRemoteDevice 」解決ガイド

Views:
289
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • ONTAP 9

説明

この資料 csm.mismatchRemoteDeviceは、 ONTAP EMS メッセージの解決方法に関するガイドです。

EMS 識別子

Cluster01::> event log show -node Clsuter01-01 -event csm*

または

Cluster01::> event log show -node * -event csm*

WARNING csm.mismatchRemoteDevice: CSM connection between source LIF 1023 and destination address <cluster_ip> might not be optimal for session 0104d263bc58cd05. The source is currently connected to <device_name> remote device and the destination is currently connected to <device_name> remote device.

メッセージの内容は、原因と必要なトラブルシューティングを特定するのに役立ちます。

注:device_nameエントリには次の情報が表示されます。

  • クラスタスイッチ名
  • ノード名
  • ダッシュ( - )。
Syslog TranslatorSyslog Translator

イベントの詳細

EMS ID: CSM.mismatchRemoteDevice
syslog メッセージ: ソース LIF %d とデスティネーションアドレス %s 間の CSM 接続は、セッション %s に最適でない可能性がありますソースは現在 %s リモートデバイスに接続されており、デスティネーションは現在 %s リモートデバイスに接続されています。
重大度 エラー
説明 このメッセージは、 Cluster Session Manager ( CSM )がクラスタネットワークインターフェイス経由でノード間の接続を確立したにもかかわらず、ノードのリモートデバイス ID が一致しない場合に表示されます。
対処方法 Cisco Discover Protocol ( CDP )がノードおよびスイッチで実行されていることを確認します。さらに、クラスタポートが起動していること、および推奨されるクラスタ構成に従ってクラスタ LIF が設定およびホストされていることを確認します。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.