メインコンテンツまでスキップ

クラウド階層からオブジェクトが削除または削除される場合

Views:
46
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
CORE
Last Updated:

 

環境

  • ONTAP 9.4 以降。
  • FabricPool

回答

TR-4598 FabricPool ベストプラクティスpg 18

オブジェクトの削除とデフラグ

FabricPool は、接続されたオブジェクトストアからブロックを削除しません。オブジェクト内の使用済みブロックの割合に基づいてオブジェクトがデフラグされます。FabricPool

  • デフラグを実行すると、削除されたブロックやONTAPのローカル階層で参照されていないブロックに使用されているスペースが再生されます
  • デフラグと削除は、ONTAP で参照されている再利用されていないスペースのしきい値を下回るまで発生しません。
    • 十分な数のブロック(1、024個)に参照がない場合、元の4MBオブジェクトが削除され、新しい4MBオブジェクトが作成されます。

  • Amazon S3に階層化された4MBのオブジェクトには、1、024個の4KBブロックがあります。

    • 最適化と削除は、 ONTAP が参照するブロックが 2054KB ( 1,024 の 20% )未満になるまで実行されません。

追加情報

TR-4598:この割合では、再利用されていないスペースのしきい値をカスタマイズできますが、オブジェクトストアごとに異なるデフォルトレベルに設定されています。
  • デフォルトの再利用されないスペースのしきい値は次のとおりです

• 14% 。 IBM Cloud Object Storage
• 15% Microsoft Azure Blob Storage
• 20% Amazon S3
• 40% StorageGRID

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.