メインコンテンツまでスキップ

Maintenance Center に関するよくある質問

Views:
825
Visibility:
Public
Votes:
5
Category:
ontap-9
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8.2(7-Mode)

回答

Maintenance Centerとは何ですか。

Maintenance Centerの目的は、一時的なエラーによってNetAppに返される不要なディスクの数を減らすことで、ストレージの信頼性を向上させることです。

Maintenance Centerは、Data ONTAPに組み込まれた新しいディスク診断機能を提供します。Maintenance Centerは、障害が発生したディスクがお客様のシステムに残っている間に、体系的な障害検証プロセスによってディスク障害を自動的に管理します。現在のヘルス管理システムでは、潜在的な障害としてディスクが識別されます。ディスクを障害状態にしてAutoSupport Return Merchandise Authorization(RMA)ケースを生成する代わりに、ディスクが現在のアグリゲートから削除され、Maintenance Centerに送信されます。ユーザデータは、受信したエラーのタイプに応じて、再構築または高速RAIDリカバリによって、ディスクからスペアに移行されます。このプロセスはユーザの介入なしで実行され、アクションを報告するいくつかのメッセージのみがコンソールに送信されます。

Maintenance Centerに入ると、システムの他の処理を中断することなく、ディスクがバックグラウンドでテストされます。一時的なエラーを修復できる場合、ディスクはスペアプールに戻されます。そうでない場合、ディスクは障害状態です。多くの場合、提供されるテストによって、以前はドライブで障害が発生していたエラーやシステムの中断を引き起こしていたエラー(WAFLハングパニックなど)を修正できます。

Maintenance Centerの主なメリットは何ですか。

Maintenance Centerを使用すると、不要なディスク返却回数が大幅に削減されるため、NetAppディスクドライブのカスタマーエクスペリエンスが向上します。お客様は、コンポーネント障害の減少とシステムの信頼性の向上に起因する、ライフタイム管理コストを削減できます。

Maintenance Centerに入るドライブはどのようにして選択されますか。

Data ONTAPにはエラーとしきい値のセットが定義されており、メンテナンスのためにディスクを選択するために使用されます。このしきい値とエラーのセットは、新しい情報に基づいて変更されるリリースによって異なる場合があります。エラーを受信するディスク、 これは既知の致命的なエラーであり、メンテナンステストには入らず、失敗します。

現在のリストには、

  • 短時間で多数のリカバリ済みまたはリカバリされていないディスクエラー
  • 数日間にわたってリカバリされた、またはリカバリされていないディスクエラーが多数発生した
  • 同じ場所でリカバリまたはリカバリされていないディスクエラーが繰り返し発生する
  • 1つのディスクで繰り返しディスクコマンドがタイムアウトする
  • 致命的ではないハードウェアエラーがディスクで報告された
  • ディスクドライブメーカーからの推奨事項に基づいて、潜在的な問題を警告するヘルストリガー
  • エラーとエラーのしきい値は、現在のリリースから収集された新しいディスクテクノロジと情報によって進化します。
Maintenance CenterがデフォルトでOnに設定されているのはなぜですか。

Maintenance CenterはData ONTAPの主要なサポート機能であり、NetAppストレージの信頼性を高めます。そのため、デフォルトではonに設定されています。

ディスクがMaintenance Centerに入ったことをお客様はどのようにして知ることができますか。

ディスクがMaintenance Centerに入ると、Event Management System(EMS;イベント管理システム)イベントが記録されます。ディスクのテストが正常に完了した場合、テストに失敗した場合、またはテストが中止された場合に、別のEMSイベントが発生します。Maintenance CenterのすべてのEMSイベントにsyslogメッセージが記録されます。CLIコマンド「vol status -r」および「sysconfig -r」は、Maintenance Centerにあるディスクを表示します。「disk maint status」コマンドを使用すると、メンテナンステスト中のドライブを一覧表示したり、テストの進捗状況を表示したりできます。

Maintenance Center機能をオフにすることはできますか。また、その影響は何ですか。

はい。次のコマンドを実行できます。

options disk.maint_center.enable off

詳細については、『ストレージ管理ガイド』のディスクのパフォーマンスと健全性に関するセクションを参照してください。Maintenance Centerは、全体的なディスクの信頼性を向上Maintenance Centerをオフにすると、問題のあるディスクはテストされずに自動的に障害ディスクになります。

Maintenance CenterはNetAppアプライアンスのパフォーマンスに影響しますか。

Maintenance Centerは、NetAppアプライアンスのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えます。Maintenance Centerの診断テストの多くは、NetAppアプライアンスからCPUリソースを要求するのではなく、ドライブによって直接実行されます。

Maintenance Centerには一度に何台のNetAppデバイスを配置できますか。

Maintenance Centerでは、最大84台のディスクの同時診断がサポートされます。Maintenance Centerのテストを実行するディスクの数を制限するには、次のコマンドを使用します。

options disk.maint_center.max_disks max_disks

max_disksには1~84を指定できます。

Maintenance Centerの運用を最適化するために、NetAppではスペアプールに最小限のディスク数を推奨していますか。

NetAppでは、少なくとも2本のディスクをスペアプールに含めることを推奨しています。この最小要件を満たしていない場合でも、Maintenance Centerの現在のリリースは動作とテストドライブを継続します。Maintenance Centerの今後のリリースでは、スペアプールの最小数を満たしていない場合、ドライブはMaintenance Centerに割り当てられなくなります。

同じドライブがMaintenance Centerに入る頻度はどれくらいですか。

一度だけディスクの初回起動時に一時的なエラーが発生すると、ディスクはMaintenance Centerに割り当てられ、それに応じてマークされます。スペアプールに戻されたディスクで一時的なエラーが発生した場合は、ディスクは障害状態になり、交換用ディスクのASUPが送信されます。現在のルールは、ディスクごとにMaintenance Centerに1回だけアクセスすることです。

Maintenance Centerはどのような種類のデータを収集しますか。

Maintenance Centerでは、お客様のデータは収集されません。Maintenance Centerは、次のようなNetAppディスク固有の情報のみを収集します。

  • ディスクがMaintenance Centerに送信された理由
  • ディスクのシリアル番号
  • 実行されたテストとその結果
  • テスト時間
  • 出力をテストし、メディアエラーなどの特定のエラーが検出されたかどうかを確認します。
AutoSupport(ASUP)とMaintenance Centerの関係を教えてください。

AutoSupportはData ONTAPに組み込まれている通知ツールです。このツールを使用すると、自分自身とNetAppグローバルサポートセンターの両方に対する特定の通知を設定できます。Maintenance Centerは、AutoSupportを使用して、調査結果を週次データログの一部としてNetAppに転送します。

Maintenance Centerの詳細はどこで入手できますか。

Maintenance Centerの詳細については、ONTAPリリースノートおよび『ストレージ管理ガイド』を参照してください。

メンテナンスディスクプールとは何ですか。

メンテナンスディスクプールとは、Maintenance Centerでテストするディスクのことです。Sysconfig -r の出力に、テスト中のディスクがあるメンテナンスディスクが表示されることがあります。

Maintenance Centerがディスクを使用可能な状態に戻すか、 障害状態にしてディスク交換のサポートケースを生成するかを決定するまでに、どのくらいの時間がかかりますか。

最初に失敗したテストでは、Maintenance Centerがドライブを使用停止にします。最初のテストに失敗すると、ドライブが使用停止になり、ASUPが生成されます。すべてのテストが正常に実行されると、サイクルの最後にドライブがスペアプールに戻ります。この時間はディスクのサイズとタイプによって異なります。ただし、この時間は ディスクのゼロ化時間の約2分の2に相当します。

Maintenance Centerのディスクは 、ONTAPの自動無停止アップグレード(ANDU)に影響しますか。

Maintenance Centerのディスクは、OSでは障害ディスクとみなされない ため、原因 ONTAP 9アップグレード時に必要なストレージフェイルオーバーギブバックプロセスが実行されても拒否は実行されません。

追加情報

AdditionalInformation_text

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.