メインコンテンツまでスキップ

Copy-Free Transitionでのストレージカットオーバーの時間に関する考慮事項

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
7-mode-transition-tool
Specialty:
core
Last Updated:

環境

7-Mode Transition Tool

回答

ストレージカットオーバー期間

 コピーフリーの移行の場合、ストレージカットオーバー期間は「エクスポートおよび停止」処理から始まり、「インポート」処理で終了します。ストレージカットオーバー期間には、次の3つのフェーズがあります。

  • Export & Halt - 7-Mode Transition Toolによって自動化されました
  • ケーブル-お客様による手動操作
  • Import- 7-Mode Transition Toolによって自動化されました 

ほとんどの場合、ストレージカットオーバーの所要時間は3~8時間です。カットオーバー時間には、エクスポートおよび停止処理とインポート処理の2つの自動処理をツールで実行するためにかかる時間と、ディスクシェルフを新しいコントローラに手動でケーブル接続するためにかかる時間が含まれます。エクスポートおよび停止処理とインポート処理の合計所要時間は、最大で2時間です。

:拡張構成の場合は、エクスポートおよび停止処理とインポート処理の合計所要時間が2時間を超えることがあります。7-Mode Transition Toolでは、このような状況が検出されて警告が表示されます。

ディスクシェルフのケーブル接続には1時間から6時間かかる場合があります。カットオーバー時間の目安には必要なテストの時間が含まれておらず、移行中にディスク障害などの予期しない障害が発生しないことを前提としています。
 

推奨

Copy-Free Transitionのストレージカットオーバー期間を短縮するための推奨事項を次に示します。

  • 7-Mode Transition ToolがインストールされているWindowsシステムでは、7-Modeコントローラとターゲットクラスタが同じローカルネットワークにあることを確認します。これにより、7-Mode Transition Toolが7-Modeコントローラおよびターゲットクラスタと通信する場合のネットワークレイテンシが低減します。
  • コピーフリーの移行ケーブル接続ガイドをダウンロードしてお読みいただき、ガイドに記載されているコピーフリーの移行ケーブル接続ワークシートにご記入ください。
  • Config Advisor をダウンロードして、理解しておいてください。問題を検出するには、7-ModeコントローラでConfig Advisor を実行することを推奨します。7-Modeディスクシェルフをターゲットクラスタノードに接続したら、クラスタでConfig Advisor を実行してケーブル接続の問題を検出することを推奨します。
  • カットオーバー期間の前日に、SVM構成を適用(SVM設定の適用処理)し、ターゲットSVM構成に必要な変更を加えます。
  • 適用したSVM構成を確認し、DNS、NIS、ADなどの外部サーバとの接続をテストします。
  • 7-ModeコントローラにiSCSI LUNまたはFC LUNが含まれている場合は、必要なゾーニングとホスト側の修復手順を実行します。詳細については、『SANホストの移行および修復ガイド』を参照してください
  • カットオーバー時間の何時間前にカットオーバーの準備状況処理(準備状況の確認)を実行して、移行対象としてブロックがないことを確認します。
     
設定サンプル

ラボテストでは、以下に示す構成例と、それぞれの「エクスポートおよび停止」処理と「インポート」処理にかかる時間を示します。

  7-Modeの構成  エクスポートおよび停止時間 インポート時間

vFilerユニット:13

アグリゲート:12.

ボリューム:211

qtree:752

LUN:188

CIFS共有:375

NFSエクスポート:196

IGropus:63

クォータ:4000

IPアドレス:19

15 分  30 分

vFilerユニット:24

アグリゲート:12.

ボリューム:421

qtree:2026

LUN:379

CIFS共有:762

NFSエクスポート:766

IGropus:76

クォータ:402

IPアドレス:19 

 16分  52分

注: 

  • 上記は、ソースHAペアの両方の7-Modeコントローラの構成の合計数です。 
  • このタイミングは、7-Modeのコントローラとクラスタのネットワークレイテンシと負荷によって変わる場合があります。
  • 7-Modeからクォータルールを収集してターゲットSVMに適用すると、クォータルールが数千にも及ぶ場合、かなりの時間がかかります。上記の2つ目の例の「インポート」処理時間が長くなったことは、1つ目の構成例と2つ目の構成例の間のクォータルールの増加につながります。
     

7-Mode Transition Toolで生成されたブロックエラーを確認します。

7-Mode Transition Toolで生成されたブロックエラーを承認して警告に変換するには、7MTTがインストールされているホストで次のコマンドを実行し、事前確認処理を再実行します。

transition cft ignorableerrors add -p <project-name> -c ignore-configuration-limits-check  

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.