メインコンテンツまでスキップ

snap list の出力では、使用済みスペースの割合が 0% と表示され、 snap status コマンドでは使用済みスペースがゼロ以外と表示されます

Views:
710
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP

回答

snap listsnap statusコマンドが「使用済みスペース」のゼロ以外の値を次のように報告している間、さまざまな理由でレポート 0% が発生する可能性があります。
filer1*> snap list my_datavol
Volume my_datavol
working......
 
  %/used       %/total  date          name
----------  ----------  ------------  --------
  0% ( 0%)    0% ( 0%)  Jul 21 02:40  filer1(0123456789)_my_datavol-base.0 (busy,snapvault)
  0% ( 0%)    0% ( 0%)  Jul 21 01:30  2015-07-21_0130+0200_daily_backup_filer1_my_datavol
  0% ( 0%)    0% ( 0%)  Jul 20 01:30  2015-07-20_0130+0200_daily_backup_filer1_my_datavol

filer1*>

filer1*> snap status my_datavol
Volume my_datavol
snapid  status     date           ownblks release fsRev name
------  ------     ------------   ------- ------- ----- --------
180     complete   Jul 18 02:42    568520     8.2 23589 filer1(0536901363)_my_datavol-base.0
178     complete   Jul 18 01:30    740390     8.2 23589 2015-07-18_0130+0200_daily_backup_filer1_my_datavol
175     complete   Jul 17 01:30    738643     8.2 23589 2015-07-17_0130+0200_daily_backup_filer1_my_datavol

filer1*>

  1. Snapshot の使用済みスペースは実際には 0% です。 Snapshot の作成後にデータが削除されることはありません。
  2. Snapshot の使用スペースは、ボリューム内のアクティブなブロックと比較して非常に小さくなります。詳細については、バグ 908831 を参照してください
  3. Snapshot で使用さsnap listsnap statusれるブロック数がアクティブ・ファイルシステムのブロックの 1% 未満の場合、コマンドは 0% に丸められ、がゼロ以外の値を報告します。
  4. SnapMirror ソースコントローラの Snapshot の再計算フェーズでは、スナップリストは 0% を報告し、計算が完了すると消去されます。
  5. WAFL スキャナ( own _blocksnap list )が完了するまで実行されないため、出力レポートの使用率が 0% になります。

次の 4 つの条件は、 WAFL スキャンダウンブロックスキャナの完了に影響する可能性があります。

  1. バグ 14222: この問題は、 Data ONTAP 6.5 以降のほぼすべての最新バージョンで修正されています。
  2. バグ 192652 :スナップショットの削除で、所有ブロックスキャナを更新できません。この問題[1]は、バグ 226848 の修正によって解決されており、 Data ONTAP 7.2.2 以降の最新バージョンのほとんどで利用できます。
  3. バグ 495114 多数のスナップショットを持つボリュームで、ダウンブロックスキャナが FBN0 でスタックした。この問題は、 Data ONTAP 8.0.2 以降で修正されています。
  4. バグ 934737 :次の有効な FBN を探している間に、多数のスパーストレイルが原因で、ダウンブロックスキャナがタイムアウトします。
    この問題は、フレキシブルボリュームが最初に大きなサイズで作成され、その後小さいサイズに縮小された場合に発生します。コンテナファイルが依然として大きく、所有ブロックスキャナがタイムアウトになります。

追加情報

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.