メインコンテンツまでスキップ

ワークフローのトラブルシューティング: ONTAP 9 でノードがクラムクォーラムのメンバーではありません

Views:
2,543
Visibility:
Public
Votes:
4
Category:
ontap-9
Specialty:
CORE
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • ノードが「クラムクォーラム」から外れています
  • AutoSupport:クラスタクォーラムのメンバーでないノード

問題

  • Connectivity、Liveness、Availability Monitor(CLAM)は、クラスタ内の各ノードが他のノードの可用性を監視するために使用する機能です。
  • CLAMは、クラスタネットワーク上で通信障害またはノードの停止を検出すると、障害が発生したノードのデータのサービスを維持するために、分離されたノードのHAテイクオーバーを開始します。
  • クラスタ内の各ノードがAutoSupportを生成し、 NODE(S) OUT OF CLUSTER QUORUM 障害の原因を特定するために必要な診断データを含む理由を記載して送信します。
クラムの可用性の変更に注意してください。
  • ONTAP 9.8以降では、すべてのシステム(SANまたはNAS)でCLAMテイクオーバーがデフォルトに設定されています。
  • 以前はSANシステムのみのデフォルトでした
  • CLAMテイクオーバーを設定する機能は 9.6P11、9.7P8、9.8以降ではadvanced権限で使用できます。
  • 詳細については、 「SU436:clam takeover default configuration changed」を参照してください。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.