メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP のWebDAV認証問題

Views:
580
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
legacy
Last Updated:

環境

  • clustered Data ONTAP
  • CIFS / SMB

問題

WebDAVは、クライアントがリモートWebコンテンツオーサリング操作を実行できるようにするHTTPの拡張機能です。

WebDAVプロトコルは、ユーザーがサーバー上でドキュメントを作成、変更、および移動するためのフレームワークを提供します。

Data ONTAP 7-Modeでは、WebDAVサーバ(options webdav.enable on/off)の実装は限定的ですが、clustered Data ONTAPでは現在WebDAVサーバは実装されていません。

この機能を引き続きclustered Data ONTAPに実装する必要がある場合は、中間者として機能するIISサーバを使用してを実装できます。このような解決策を作成するための詳細は次のとおりです。

  1. IISサーバーをWebDAVサーバーとしてインストールし、構成します。たとえば、このような解決策 IIS_WebDAVのリンクです。
  2. IISサーバ仮想ディレクトリ内で、指定したvServer CIFS共有に移動します。*特別な共有設定は必要ありません。

このようにして、IISサーバはWebDAVクライアントとcDotクラスタCIFS共有の間のトランスレータとして使用されます。

clustered Data ONTAPでのWebDAV認証問題

 

このシナリオでは、ユーザはクライアントからWebDAV共有を開いていますが、SVM共有のデータにアクセスできません。ユーザーがIIS Webサイトで-を使用して構成された仮想ディレクトリを「探索」すると、予想どおりに開きます。

別のWindowsマシン上の共有を参照している2番目の仮想ディレクトリがWebDAV Webサイトに追加されます。この仮想ディレクトリは、「explore」オプションとWebDAVクライアントの両方から期待どおりに機能します。

clustered Data ONTAPでのWebDAV認証問題

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.