メインコンテンツまでスキップ

アグリゲートとは何ですか。

Views:
9,441
Visibility:
Public
Votes:
8
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • clustered Data ONTAP
  • Data ONTAP 7-Mode

回答

アグリゲートとは何ですか。

アグリゲートは、 1 つ以上の RAID グループに編成されたディスク(またはパーティション)の集まりです。  これは ONTAP 内で最も基本的なストレージオブジェクトであり、接続されているホスト用にスペースをプロビジョニングするために必要です。

アグリゲートの作成方法
  • 7-Mode で、 aggr create コマンドで必要なパラメータを指定して使用します。
  • clustered Data ONTAP で[1]は、クラスタシェルから storage aggregate create コマンドを使用し、必要なパラメータを指定します

ノード上にアグリゲートを作成するには、必要なすべてのディスクがそれぞれのノードで所有されている必要があります。

アグリゲートに異なるシェルフのディスクを含めることはできますか。

はい、異なるシェルフにまたがるディスクを使用してアグリゲートを作成できます。

アグリゲートの詳細を表示する方法

アグリゲートの詳細を表示するためのコマンドがいくつかあります。  特定のコマンドは、必要な情報の種類によって決まります。  最も一般的なコマンドは次のとおりです。

  • アグリゲートの物理サイズを確認するには、 df -A <aggregate name> を使用して、アグリゲートのスペース使用量を確認します。
  • アグリゲート内の物理ディスクを確認するには、 aggr status -r <aggregate name> コマンドを次のような出力で実行します。
7-Mode:

例:

controller> aggr status -r aggr0
Aggregate aggr0 (online, raid_dp) (block checksums)
  Plex /aggr0/plex0 (online, normal, active)
   RAID group /aggr0/plex0/rg0 (normal)

    RAID Disk Device      HA  SHELF BAY CHAN Pool Type  RPM  Used (MB/blks)   Phys (MB/blks)
    --------- ------      ------------- ---- ---- ---- ----- --------------   --------------
    dparity   0a.16       0a   1   0   FC:A   -  FCAL 15000 136000/278528000  137104/280790184
    parity   0a.17       0a   1   1   FC:A   -  FCAL 15000 136000/278528000  137104/280790184
    data    0c.00.1      0c   0   1   SA:B   -  SAS  15000 136000/278528000  280104/573653840

clustered Data ONTAP:

例:

cluster1::> aggr status -r aggr1_node1
Owner_Node: cluster1-01
 Aggregate: aggr1_node1 (online, raid_dp) (block checksums)
  Plex: /aggr1_node1/plex0 (online, normal, active, pool0)
  RAID Group /aggr1_node1/plex0/rg0 (normal, block checksums)
                                Usable Physical
   Position Disk             Pool Type    RPM    Size    Size Status
   -------- --------------------------- ---- ----- ------ -------- -------- ----------
   dparity  1.1.0             0   BSAS   7200   2.42TB   2.43TB (normal)
   parity   1.1.1             0   BSAS   7200   2.42TB   2.43TB (normal)
   data    1.1.2             0   BSAS   7200   2.42TB   2.43TB (normal)
   data    1.1.3             0   BSAS   7200   2.42TB   2.43TB (normal)
   data    1.1.5             0   BSAS   7200   2.42TB   2.43TB (normal)
   data    1.1.6             0   BSAS   7200   2.42TB   2.43TB (normal)
6 entries were displayed.​

特定のアグリゲートの詳細を表示するには、次のコマンドを使用します。

7-Mode :
controller> aggr status -v <aggr name>

clustered Data ONTAP :
cluster1::> node run -node <node name> -command "aggr status -v <aggr name>"

または

cluster1::> aggr show <aggr name> -instance

アグリゲートで障害が発生した場合の対処方法

1 つ以上の RAID グループがオフラインになると、アグリゲートで障害が発生する可能性があります。アグリゲートをオンラインに戻す前に、ルート原因 を特定して修正する必要があります。
ネットアップテクニカルサポートにお問い合わせください。

外部アグリゲートの場合はどうすればよいですか。

clustered Data ONTAP では、別のクラスタ( 7-Mode システム)のシェルフをノード、既存のアグリゲート、またはアグリゲートの一部に追加する際に、そのシェルフに foreign としてフラグが設定され、そのアグリゲートに属するドライブが孤立したディスクとしてフラグが付けられます。この問題 は、障害が発生したディスクを交換したあとにも使用できます。

たとえば、アグリゲートがaggr statusコマンドの下に次

aggr0(1) failed

のように表示されます。これは、ディスクが初期化されていない( RAID ラベルが含まれている)ために、以前のシステム / 別のシステムのアグリゲート情報が保持されていることが原因です。これらの外部アグリゲートは、ノードシェルを使用している場合にのみ表示されます。

アグリゲートを作成しましたが、 OnCommand System Manager でボリュームを作成するためのリストに表示されません。

この SVM で使用可能なアグリゲートのリストに新しいアグリゲートがあるかどうかを確認します。

cluster1::> vserver show -vserver <name> -fields aggr-list

デグレードアグリゲートの原因

あるディスクに障害が発生した場合、Data ONTAPはデータの提供を続行しますが、RAIDパリティを使用して障害ディスクのデータを再構築する必要があります。再構築を開始するためのスペアディスクがない場合、アグリゲートはデグレード状態になります。

RAIDグループがデグレード モードになるのは、次の場合です。

  • RAID 4グループの単一ディスク障害
  • RAID-DP RAID グループの 1 つまたは 2 つのディスク障害

メモ:二重ディスク障害が発生して再構築されていない RAID グループがアグリゲートに 1 つ以上含まれている場合( RAID-DP アグリゲートのみ)、そのアグリゲートはダブルデグレードモードになります。

  • Data ONTAP によってディスクがオフラインにされた場合( ディスクファームウェアの更新)を参照してください。 

オフラインのディスクが再びオンラインになると、RAIDグループは通常モードに戻ります。

デグレードアグリゲートを特定するにはどうすればよいですか?

次の例は、 1 本のディスクで障害が発生し、再構築用のスペアがない RAID グループを示しています。

clustered Data ONTAP:

Cluster::*> aggr show aggr1 -fields state,raidstatus
aggregate raidstatus                     state
--------- ------------------------------ ------
aggr1     raid_dp, reconstruct, degraded online


7-Mode:

Node> aggr status aggr1
           Aggr State           Status                Options
          aggr1 online          raid_dp, aggr         nosnap=on
                                reconstruct
                                degraded
                                64-bit

                Plex /aggr1/plex0: online, normal, active
                    RAID group /aggr1/plex0/rg0: reconstruction 5% completed, block checksums
    
    
Node> sysconfig -r                  (Note: aggr status -r provides the same output)
Aggregate aggr1 (online, raid_dp, reconstruct, degraded) (block checksums)
  Plex /aggr1/plex0 (online, normal, active, pool0)
    RAID group /aggr1/plex0/rg0 (reconstruction 17% completed, block checksums)


次の例は、 RAID グループがデグレードステータスでダブルデグレードステータスになったデグレードアグリゲートを示しています。 
(注:ダブルデグレードモードの RAID グループを表示するには、ノードシェルからコマンドを実行する必要があります。7-Mode と同じコマンドです)。

Cluster::*> aggr show aggr2 -fields state,raidstatus
aggregate raidstatus        state
--------- ----------------- ------
aggr2     raid_dp, degraded online

Cluster::*> node run -node node_name aggr status -r aggr2
Aggregate aggr2 (online, raid_dp, degraded) (block checksums)
  Plex /aggr2/plex0 (online, normal, active, pool0)
    RAID group /aggr2/plex0/rg0 (degraded, block checksums)

      RAID Disk Device          HA  SHELF BAY CHAN Pool Type  RPM  Used (MB/blks)    Phys (MB/blks)
      --------- ------          ------------- ---- ---- ---- ----- --------------    --------------
      dparity   FAILED                  N/A                        2538546/ -
      parity    3c.10.11        3c    10  11  SA:B   0  BSAS  7200 2538546/5198943744 2543634/5209362816
      data      3c.10.12        3c    10  12  SA:B   0  BSAS  7200 2538546/5198943744 2543634/5209362816
      data      3c.10.13        3c    10  13  SA:B   0  BSAS  7200 2538546/5198943744 2543634/5209362816
      data      3c.10.14        3c    10  14  SA:B   0  BSAS  7200 2538546/5198943744 2543634/5209362816

    RAID group /aggr2/plex0/rg1 (double degraded, block checksums)

      RAID Disk Device          HA  SHELF BAY CHAN Pool Type  RPM  Used (MB/blks)    Phys (MB/blks)
      --------- ------          ------------- ---- ---- ---- ----- --------------    --------------
      dparity   FAILED                  N/A                        2538546/ -
      parity    3c.10.16        3c    10  16  SA:B   0  BSAS  7200 2538546/5198943744 2543634/5209362816
      data      FAILED                  N/A                        2538546/ -
      data      3c.10.18        3c    10  18  SA:B   0  BSAS  7200 2538546/5198943744 2543634/5209362816
      data      3c.10.19        3c    10  19  SA:B   0  BSAS  7200 2538546/5198943744 2543634/5209362816

アグリゲートがデグレードした場合の対応

障害が発生したディスクを交換します。ディスクがスペアに再構築されると、 RAID グループは通常モードに戻ります。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.