メインコンテンツまでスキップ

Linux とネットアップのストレージ容量の使用率が異なるのはなぜですか?

Views:
104
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

ONTAP 9

回答

ネットアップのボリュームサイズは、利用可能なサイズ + ネットアップの使用済みサイズ + オーバープロビジョニングサイズです。
Linux のボリュームサイズは、利用可能なサイズ + Linux の使用済みサイズです。
 
Linux の使用済みサイズ = ネットアップの使用済みサイズ + オーバープロビジョニングサイズ 
 
 
例:
 
ボリュームに次の情報が表示され
 
Vserver  Volume    Aggregate   State    Type Size    Available  Used%
--------- ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
Vserver1  vol1     -       online   RW  480TB    65TB    69%  
 
Active IQ > AutoSupport > Volume.xml に移動すると、次のように表示されます。
 
KB.jpg
  • ボリュームサイズ: 527765581332480B ( = 480TB )
  • 使用可能なサイズ: 71635437178880B ( = 65TB )
  • 使用済みサイズ: 363887210782720B ( = 331TB )。
  • オーバープロビジョニングサイズ: 92242933370880B ( = 84TB )。

その ため、ネットアップの使用済みサイズの割合 は 331 / 480 = 69%となります。

しかし、 Linux では、次のようなメリットが得られます。 

Linux の使用済みサイズ = ネットアップの使用済みサイズ + オーバープロビジョニングサイズ = 331TB+ 84TB = 415TB

したがって、 Linux の 使用済みサイズの割合 は、 415/480 =86% です
 
Filesystem     Size Used Avail Use% Mounted on
10.10.10.4:/vol1  480T 415T 65T  86%  /vol1   
をクリックします。

追加情報

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.