メインコンテンツまでスキップ

waflironによってシステムのパフォーマンスが低下する可能性がある

Views:
5
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9

回答

waflironのフェーズ1が完了すると、残りのデータでwaflironが実行されている間にデータが提供されます。パフォーマンスペナルティは、いくつかの要因によって異なります。  例:

  • ファイルシステム構造
  • クライアントアクセスパターン
  • ストレージシステムの負荷
  • ストレージ・システム・プラットフォーム
  • 使用可能なメモリ
  • ファイルシステム内で不整合の程度

クライアントがデータにアクセスしようとすると、waflironはクライアントの要求を処理する前にデータをチェックする必要があります。この動作により、クライアントは一貫性のあるデータを受信し、クライアントが不整合なデータにアクセスした場合にストレージシステムがパニック状態になるのを防ぎます。  waflironのスキャン中にクライアントアクセスのパフォーマンスが低下する可能性があります。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.