メインコンテンツまでスキップ

上位のワークロードを特定して解決する方法

Views:
309
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • ONTAP 9
  • Bullyワークロード- IOPSとスループットが高く、CPUリソースやディスクリソースを占有するフロントエンドのCIFS / FCP / iSCSI / NFSワークロード
  • Victimワークロード- Bullyワークロードによる遅延センターの消費が原因でレイテンシが高くなっているフロントエンドワークロード
  • ディスクのボトルネック-ディスクレイヤでの qos statistics volume latency show

説明

  • この資料では、ストレージの競合を引き起こしているBullyワークロードを追跡する方法について説明します。
  • この記事は解決のヒントを提供するのに役立ちます
    • 他の方法もあるかもしれませんが、 NetAppでは、ストレージ外での識別やトラブルシューティングに最適な方法や推奨される方法についてアドバイスすることはできません。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.