メインコンテンツまでスキップ

『 ONTAP ディスク利用率およびレイテンシ解決ガイド』

Views:
708
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • FAS

説明

  • この資料では、ONTAPのディスク使用率やレイテンシが高い場合のトラブルシューティングについて説明します。
  • メモ :これは、ONTAP 9のパフォーマンスのトラブルシューティング方法に関する2番目の記事です。 ONTAP 9のパフォーマンスに関するトラブルシューティングの主要な解決ガイドを参照してください。
  • Active IQ Unified Managerまたはを使用する qos statistics volume latency showと、レイテンシがディスクまたはアグリゲートの処理(Active IQ Unified Manager)に表示され、レイテンシはターゲットボリュームのアクティブな影響を受けます。
  • AIQUMまたはONTAP 9から報告されるパフォーマンス容量が 、影響を受けたアグリゲートの重大しきい値を超えています。

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.