メインコンテンツまでスキップ

ディレクトリインデックススキャナとは何ですか。また、ディレクトリインデックス作成では何が達成されますか。

Views:
218
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • Data ONTAP 9.2以降
  • ストレージシステムのパフォーマンス

回答

データセットの規模がますます大きくなるにつれて、それらの大規模なデータセットではパフォーマンスが問題になる可能性があります。ONTAPは、進化に伴ってこれらのニーズを満たすように拡張されてきました。その機能の1つがディレクトリインデックス作成です。

  • ONTAP 9.2以降では、 2MB以上のディレクトリサイズのインデックスを作成する機能が導入されました。
  • ディレクトリ検索では、ディレクトリ全体ではなく、ディレクトリ内の必要なブロックのみが読み取られます。
  •   ONTAP 9.2より前のバージョンでは、10 MBのディレクトリを100個ロードする場合、1.25 GBのRAMが必要でした。
  •   9.2以降では、それぞれ10 MBの同じ100個のディレクトリにインデックスを作成することで 、これが約200 MBのRAMに削減されます。

これにはいくつかの方法があります。

  • ONTAPのアップグレード。「WAFL scan status」では、「directory index creation」スキャンが実行されています。
  • リブートすると、「ディレクトリインデックス作成」スキャンもトリガーされることがあります。
  • フロントエンドコール(通常はlookup/create )は、ディレクトリが2MBを超えていることに気付き、インデックスを付けるために 原因 ONTAPを実行します。
  • インデックス作成に関連するWAFLメッセージがwaffinity stats / wafl suspend dataに表示されることがあります。

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.