メインコンテンツまでスキップ

ONTAP では、どのような処理が他の IOPS に分類されますか。

Views:
572
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • ONTAP System Manager
  • NetApp Active IQ Unified Manager

回答

  • ONTAPでは、読み取り/書き込み以外の処理、および関連するレイテンシが「Other」とみなされます。
  • NASワークロード(CIFS / NFS)の場合は、ファイルやフォルダのメタデータや操作に関連するすべての処理。
    • SANとは異なり、他の処理が影響を及ぼす
  • SANの場合は [1] 、次のようなストレージ応答時間に影響しないSCSI処理が含まれます。
    • 問い合わせ
    • TestUnitReady
    • ReportTargetPortGroups
    • ReadCapacity(読み取り容量)
    • VvolGetDeviceId

注: ブロックを変更する処理は 、SCSI予約 やXcopyなどの読み取り/書き込みとしてカウントされます。

追加情報

NFSおよびSMB2呼び出し、およびSCSIコマンドタイプ:

  • NFS
    • NFS手順の概要を次に示します。6と7を除くすべてがその他としてカウントされます。
      • 手順0: NULL -何もしない
      • 手順1:GETATTR -ファイル属性を取得する
      • 手順2:SETATTR -ファイル属性を設定する
      • 手順3:lookup -ファイル名の検索
      • 手順4:アクセス-アクセス権限の確認
      • 手順5:readlink -シンボリックリンクからの読み取り
      • 手順6:読み取り-ファイルから読み取り
      • 手順7:Write-Write to file(ファイルへの書き込み)
      • 手順8:create -ファイルを作成する
      • 手順9:mkdir -ディレクトリを作成する
      • 手順10:symlink -シンボリックリンクを作成する
      • 手順11: mknod -特別なデバイスを作成する
      • 手順12:削除-ファイルの削除
      • 手順13: rmdir -ディレクトリの削除
      • 手順14:名前変更-ファイルまたはディレクトリの名前変更
      • 手順15:LINK -オブジェクトへのリンクを作成
      • 手順16: READDIR -ディレクトリからの読み取り
      • 手順17: READDIRPLUS -ディレクトリからの拡張読み取り
      • 手順18: fsstat -動的なファイルシステム情報を取得する
      • 手順19: fsinfo -静的ファイルシステム情報を取得する
      • 手順20:pathconf - POSIX情報を取得する
      • 手順21:commit -サーバ上のキャッシュデータを安定したストレージにコミットします。
  • SMB2
    • SMB2コマンドとopcode値のリスト。0x0008および0x0009は他の処理ではありません。
      • SMB2ネゴシエート        0x0000
      • SMB2 SESSION_SETUP    0x0001
      • SMB2ログオフ           0x0002
      • smb2 tree_connect     0x0003
      • smb2 tree_disconnect  0x0004
      • smb2 create           0x0005
      • SMB2クローズ            0x0006
      • SMB2フラッシュ            0x0007
      • SMB2読み取り             0x0008
      • SMB2書き込み            0x0009
      • SMB2ロック             0x000A
      • SMB2 IOCTL            0x000B
      • SMB2キャンセル           0x000C
      • SMB2エコー             0x000D
      • smb2 query_directory  0x000E
      • SMB2 CHANGE_NOTIFY    0x000F
      • SMB2 QUERY_INFO       0x0010
      • SMB2 SET_INFO         0x0011
      • smb2 oplock_break     0x0012
  • SCSI opコードの公式リスト。
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.