メインコンテンツまでスキップ

AIQUMでは、他のパフォーマンス監視ツールよりも遅延が大きいと報告されるのはなぜですか?

Views:
2
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • ActiveIQ Unified Manager(AIQUM)
  • ActiveIQ PAS(PAS)

回答

AIQUMでは、レイテンシを他のパフォーマンス監視ツールとは異なる方法で報告します。これにより、不明なレイテンシが発生した場合にAIQ PASのサービス/遅延センターから大幅に遅延が発生する。  
 
AIQUM: 
  1. これにより、算出された合計レイテンシで、異なるサービス/遅延センターのRaitoが計算されます
  2. 次に、この比率を使用して、サービス/遅延センターが実際の合計測定レイテンシに及ぼす影響を表示します

その他のツール(CLI / AIQ PAS / perfstat):

これらのツールには、実際に測定されたレイテンシがすべて表示されます

 

例: 

  • 合計レイテンシは58ミリ秒未満で、適切に考慮されるのは772usのみです。
  • クラスタインターコネクトではわずか487us
  • しかし、AIQUMはクラスタからの総レイテンシは58ミリ秒、36.5ミリ秒の遅延はレポートします。 
    • クラスタからの遅延の合計レイテンシに対する比率は487.00us / 772.00us ~= 63%です
    • クラスタから計算された遅延は、58ミリ秒x 63%~= 36.5ミリ秒です

> qos statistics volume latency show 

Workload       ID   Latency   Network   Cluster     Data     Disk   QoS Max   QoS Min    NVRAM    
--------------- ------ ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------     
test_volume111  41567  772.00us  188.00us  487.00us   67.00us     0ms     0ms     0ms   30.00us 

 

> qos statistics volume performance show

Workload       ID    IOPS     Throughput   Latency 
--------------- ------ -------- ---------------- ---------- 
test_volume111  41567     17     86.74KB/s   58.00ms 

注:

  • AIQUDには、遅延/サービスセンターごとに温かい数値が表示されます
  • 合計レイテンシとすべての遅延/サービスセンターの合計の間にギャップがない場合は、AIQUMの表示内容が他のツールと一致していること
  • 合計レイテンシとすべての遅延/サービスセンターの合計の間に大幅な遅延がある場合、AIQUMで表示されるデータが歪む可能性があります
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.