メインコンテンツまでスキップ

Vscanが有効な場合のCIFS共有のレイテンシ

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas<a>2009522421</a><a>for_translation</a>
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • CIFS
  • Vscan

問題

  • AVスキャンが有効な場合にボリュームでレイテンシが発生するとお客様から報告されている
  • CIFSのパフォーマンスが遅い/レイテンシが高い( Vscanが導入)
  • AVサーバで追加のロギングを有効にする
  • ログファイルで、インターフェースの登録によってONTAPへのパイプ接続がすでに確立されているかどうかを確認します。
  • ログの後半で、2回目のパイプが確立しようとして失敗したかどうかを確認します。
  • エラーは次のように表示されます。

04/05/23-18:31:10.447Z 10.90.39.13の逆DNSルックアップが失敗しました(9003)。
04/05/23-18:31:10.462Z[パイプ:10.90.39.13,][r] CreateNamedPipeが1で失敗しました。closingQ:[0]04/05/23-18:31:10.534Z
10.90.56.161の逆DNSルックアップが失敗しました(9003)。
04/05/23-18:31:10.539Z 10.90.56.135の逆DNSルックアップが失敗しました(9003)。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.