メインコンテンツまでスキップ

インターフェイスグループ(ifgrp)は作成後に変更できますか。

Views:
110
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

ONTAP 9

回答

  • ifgrpの作成後に変更(追加または削除)できるのは、ifgrpのメンバーポートだけです。
  • モードや分散機能を変更するには、ifgrpを削除して再作成する必要があります。
    • LIFをifgrpから移動します(ifgrpでホストされているLIFは削除できません)。
    • ifgrpのVLANをすべて削除する(VLANが含まれている場合、ifgrpは削除できません)
      • network port vlan delete -node <node> -vlan-name <ifgrp-vlan>
    • 既存のifgrpを削除するには、次の手順を実行します。
      • network port ifgrp delete -node <node> -ifgrp <ifgrp>
    • ifgrpを再作成する手順は、次のとおりです。
      • network port ifgrp create -node <node> -ifgrp <ifgrp> -distr-func <function> -mode <mode>
        • ディストリビューション機能:
          • mac - MAC アドレスに基づいてネットワーク トラフィックが分散されます。
          • ip - IP アドレスに基づいてネットワーク トラフィックが分散されます。
          • sequential - 設定済みの使用可能なポートのリストから、ラウンドロビン方式でネットワーク トラフィックが分散されます。
          • port - トランスポート層(TCP / UDP)のポートに基づいてネットワーク トラフィックが分散されます。
        • モード:
          • multimode - インターフェイス グループの複数のメンバー ポートをまとめて、単一のトランク ポートとして機能するようにします。
          • multimode_lacp - Link Aggregation Control Protocol(LACP;リンク アグリゲーション制御プロトコル)を使用して、インターフェイス グループの複数のメンバー ポートを1つにまとめます。
          • singlemode - フェイルオーバー用に、インターフェイス グループのメンバー ポートを使用してポートの冗長性を提供します。
    • 新しいifgrpにポートを追加する必要があります。
      • network port ifgrp add-port -node <node> -ifgrp <ifgrp> -port <port>
    • 再作成されたifgrpにLIFを戻す

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.