メインコンテンツまでスキップ

ONTAP はCIFS / SMB NDOをサポートしていますか。

Views:
231
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
single-mailbox-recovery-smbr
Specialty:
NAS
Last Updated:

環境

ONTAP 9

回答

  • ノンストップオペレーションとは、clustered Data ONTAP の基本機能であるNDOです
  • CIFS /サーバメッセージブロック(SMB)はステートフルプロトコルであるため、一部のノンストップオペレーションにおいても継続的なデータ可用性は維持されません
  • SMBおよびclustered Data ONTAP の新しいバージョンの導入に合わせて、いくつかの機能強化が実装されています
    • SMB1.0は、永続的なファイルハンドルや永続的なファイルハンドルがないと、プロトコル固有の制限があるためにネットワークの停止を回避できませんでした
    • SMB2.0には、永続性ハンドルというファイルハンドルが導入されています。このハンドルは、ネットワークの短時間の停止時にクライアントが再接続できるように、開いているファイルハンドルです
    • clustered Data ONTAP 8.2では、継続的可用性(CA)を備えたMicrosoft HyperV環境でSMB 3.0のNDOが導入され、NDOのサポートが強化されています。これにより、継続的なデータ可用性が向上します

次の表は、CIFS/SMB NDOの概要を示しています。

                       NDO                        SMB 1.0               SMB 2.xとSMB 3.0         SMB 3.0(Hyper-Vのみ)
               LIFの移行                      停止を伴う手順                   nondisruptive(無停止)              nondisruptive(無停止)
              ボリューム移動                     nondisruptive(無停止)                   nondisruptive(無停止)              nondisruptive(無停止)
             アグリゲートの再配置                     停止を伴う手順                   停止を伴う手順              nondisruptive(無停止)
            ストレージ フェイルオーバー                     停止を伴う手順                   停止を伴う手順              nondisruptive(無停止)
  • 注: SMB 2.xファイル共有に接続されたアプリケーションで、アプリケーションが同じファイルへのマルチユーザアクセスを許可している場合、またはLIFの移行の実行から15分以内に開いているファイルハンドルを取得していないアプリケーションが複数の場合は、システムが停止する可能性があります
  • つまり、SMB 2.0以降では永続性ハンドルが有効になっていても、永続性ハンドルが正常に付与されないことがあるため、継続的なデータ可用性を維持できない可能性があります
    • 詳細については 、TR-4100を参照してください。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.