メインコンテンツまでスキップ

ONTAP サーバのNFSでは、Linuxシステムからグループクォータを取得できません

Views:
200
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas<a>1098830</a>
Last Updated:

環境

ONTAP 9バージョン9.12.1以前

問題

  • rquota(remote quota)プロトコルのバージョン2は、当初サンが設計したrquotaバージョン1プロトコルの拡張としてLinuxに実装された。 
  • クォータプロトコルのバージョン2の機能の1つに、ツリークォータに加えてリモートNFSデバイス上のグループクォータを要求する機能があります。 
  • ONTAP サーバはrquotaのバージョン1のみを実装し、バージョン2は実装しません。  
  • これは、ONTAP サーバ上のリモートNFSデバイスに対して'quota -g'コマンドがLinuxシステムで発行された場合、NFSプロトコルを使用してグループクォータまたはツリークォータをリモートでチェックできないことを意味します。この場合、出力やエラーメッセージは返されません。

例:
[root@Pim-rhel70 ~]# quota -g -f /mnt/svm1_vol1
quota: error while getting quota from svm1:/svm1_vol1 for root (id 0): Connection refused
[root@Pim-rhel70 ~]#
[root@Pim-rhel70 ~]# quota --group -f /mnt/svm1_vol1

quota: error while getting quota from svm1:/svm1_vol1 for root (id 0): Connection refused

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.