メインコンテンツまでスキップ

ONTAP での SMB クレジットの実装

Views:
270
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.4 以降。
  • SMB2以上

回答

  • ONTAP 9.4 では、 SMB クレジットのスロットルは最大クレジット構成で実装されました
    • 9.4 より前のバージョンでは、 SMB クライアントには要求した数のクレジットが付与されていました
    • デフォルトでは、 ONTAP 9.4 は接続ごとに 128 クレジットを付与します
  • 現在 max-credits の値を確認するには:

cluster1::*> set -privilege advanced
cluster1::*> vserver cifs options show -vserver svm1 -fields max-credits

  • max-credits 値を変更する方法

cluster1::*> vserver cifs options modify -vserver svm1 -max-credits 512

追加情報

  • この Microsoft Docs ページに記載[1]されているように、 SMB ファイルサーバのパフォーマンス調整では、 Windows のデフォルトクレジット数は 512 に設定されています。
  • 変更したクレジットの値は、新しい CIFS セッションでのみ有効になります
  • 指定できる範囲は 2 ~ 8192 です
    • どの値を選択する必要がありますか?
      • 原因がルート問題であることが確認された場合や、ベンダーが X クレジットが必要であることを確認された場合を除き、デフォルト値を変更する必要はありません。
        • デフォルトと異なる場合は、クライアントベンダーの推奨事項に従ってください
        • テスト用 SVM で、クライアントアプリケーションを使用して問題が解決するまでの間にゆっくりと値を増やしてテストします
        • クレジット数を 2 に設定することもできますが、一部のクライアントがこのような低い設定でミス動作を開始するという報告があります
    • 値を変更するときに問題が発生する可能性はありますか。
      • いいえ、原因に問題は生じません
      • 本番環境の SVM で変更を行う前に、テスト用 SVM で変更を行ってください。

SMB クレジットの無効化については、にお問い合わせくださいネットアップテクニカルサポートとこの記事を参照してください。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.