メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9.2以降のバージョンでネットワークトラフィックに使用されるネットワークルートをどのように決定しますか?

Views:
104
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.2以降のバージョン
  • IPv4

説明

  • ONTAPが新しい要求を開始したり、要求に応答したりする必要があるときにルートを選択する方法。
  • 宛先への最も具体的なルートを決定するには、ONTAP CLIから次のコマンドを実行します。
    • set advanced; network route active-entry show -vserver vserver -node node-01 
    • これには、指定したノードのLIFからのルートが含まれます。
      • 「route show」コマンドを実行すると、ルーティング設定のみが表示されます(ルーティングテーブル内の実際のルートは表示されません)。
    • または、  ActiveIQのAutoSupportセクションでroute-active.xmlを確認することもできます。 
  • 使用可能なルートから、宛先IPが収まる「最も狭い」(最も限定的または最小の)サブネットを持つルートを特定します。
    • たとえば、宛先IPアドレスが10.1.1.1の場合、次の宛先を持つルーティングテーブルを確認します。
      • 「default」または 0.0.0.0/0は一致し、/0(すべてゼロ)のネットマスクが含まれています。
      • 10.1/16は/16(255.255.0.0)ネットマスクと一致します。
      • 10.1.1/24は/24(255.255.255.0)ネットマスクと一致します。
      • 10.1.1.1/32は/32(すべて1)のネットマスクと一致します(32は24、16、0より具体的です)。これは、単一のホストルートの例です。単一のIPアドレスと完全に一致するため、最も具体的なルートになります。

(実際のルーティングの決定は、最も固有性の高いアドレスから最も固有性の低いアドレスを参照して行われ、リンクローカルアドレスなど、他に一致するものがない場合はデフォルトルート0.0.0.0/0になります。

追加情報

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.