メインコンテンツまでスキップ

IP ファストパスの機能

Views:
1,040
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
network
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 7
  • Data ONTAP 7-Mode 
  • Data ONTAP 8
  • ONTAP 9.0 ~ 9.1

回答

Data ONTAP でのルーティングの仕組み
Data ONTAPは、ネットワーク インターフェイスへのアウトバウンド パケットのルーティングを行うことができます。ストレージ システムには複数のネットワーク インターフェイスを設定できますが、ルータとしての機能はありません。ただし、アウトバウンド パケットのルーティングは可能です。

Data ONTAPは、2つのルーティング メカニズムを使用します。

  • ファストパス: Data ONTAP は、このメカニズムを使用して、 UDP 経由で NFS パケットをルーティングし、すべての TCP トラフィックをルーティングします。
  • ルーティングテーブル:高速パスを使用しない IP トラフィックをルーティングするために、 Data ONTAP はローカルルーティングテーブルで使用可能な情報を使用します。
    • ルーティング テーブルには、確立されている現在使用中のルート、およびデフォルト ルートの設定が保存されています。

Fast Path とは
高速パスはルーティングテーブルの代替ルーティングメカニズムで、着信ネットワークトラフィックへの応答は着信トラフィックと同じインターフェイスを使用して返信されます。
ルーティングテーブルのルックアップを回避することで、高速パスはデータアクセスのためのルートを短縮します。高速パスは、すべての TCP および NFS/UDP プロトコルで使用されます。
デフォルトでは、ストレージシステムで高速パスが有効になっていますが、無効にすることもできます。

  • 高速パスは、すべての TCP および NFS/UDP プロトコルに使用されます。
    :高速パスは、 NFS/UDP プロトコルでのみ使用されます。ただし、ポートマッパー、マウント、 NLM など、他の UDP ベースの NFS サービスでは、高速パスは使用されません。
  • TCP 接続では、同じデータパケットが 3 回連続して再送信されると、高速パスはディセーブルになります。
  • Lousy データパスを使用する非対称ネットワークでは、 Fast Path を無効にする必要があります。
  • 高速パスを使用すると、次のような利点があります。
    • 同じサブネット上の複数のネットワークインターフェイス間のロードバランシング
      ロードバランシングは、ストレージシステムの着信要求を受信するインターフェイスと同じインターフェイスに応答を送信することで実現されます。
      インターフェイスグループでファストパスがイネーブルになっていて、そのグループ内の物理インターフェイスが着信要求を受信した場合、ファストパスは、要求に対する応答を送信する物理インターフェイスグループメンバーポートを制御しません(これは特に LACP またはスタティックマルチモードインターフェイスグループに関連しています)。インターフェイスグループでは、パケットの送信時に選択されたインターフェイスは、設定されたロードバランシングポリシーに基づいて決定されます。着信トラフィックは、ネイバースイッチが独自のロードバランシングポリシーを使用してトラフィックの送信時にポートを選択する方法に基づいて着信します。

TCPでのファスト パスの仕組み
Data ONTAP は、最初の SYN パケットを除くすべての TCP パケットで高速パスを使用できます( Data ONTAP が接続を開始した場合)。パケットの送信に使用されるインターフェイスは、最後にパケットを受信したインターフェイスと同じになります。

  • ファストパスは非対称ルーティングと互換性がありません。
  • 非対称ネットワーク内のストレージシステムで高速パスが有効になっている場合、応答パケットの宛先 MAC アドレスは、着信パケットを転送したルータの MAC アドレスになります。
    • ただし、非対称ネットワークでは、ストレージシステムにパケットを転送するルータは、ストレージシステムから送信されたパケットを転送するルータではありません。このような場合は、 Fast Path を無効にします。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.