メインコンテンツまでスキップ

個 々 のユーザセッションについて収集されるCIFS統計は何ですか。

Views:
179
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
7dot
Last Updated:

環境

Data ONTAP 7-Mode

回答

ストレージシステムまたはコントローラでData ONTAP 8.x for CIFSを実行している場合。管理者は、操作、読み取り、書き込み、IOS、および疑わしい統計を収集できます。cifs.per_client_stats.enable オプションを指定したストレージシステムは on 、クライアント単位で統計を収集します。これにより、 cifs top-u -h vfilerのcifs statのコマンド、およびオプションを使用できるようになります。

注:管理者は、クライアントごとの統計を収集する際にオーバーヘッドが発生することに注意する必要があります。

オーバーヘッドがストレージシステムのパフォーマンスに大きく影響する可能性があります。オプションをオフにすると、既存のクライアント別統計はすべて破棄されます。

この cifs.per_client_stats.enable オプションは off デフォルトでオンになっています。

デフォルト:off

有効:CIFSクライアントの再接続時

永続性:システムのリブート後も有効です。

使用方法
         cifs top [-n <maxclients>] [-v] [-s <sort>] [-a <avg>]
               <sort> is {ops|reads|writes|ios|suspicious}.
               <avg> is {smooth|now|total}.
                Above two can be abbreviated and default to first choice.

使用方法:
         cifs stat [-v[v]] [-h <ip-or-host>] [-u <user>] [ <interval> ]
         cifs stat [-z]
         cifs stat [-c]
               -v, -h and -u only available when the options "cifs.per_client_stats.enable" is on.
               -h option only available in vfiler context.
               -u option only available in vfiler context.

user1-2> cifs top
 ops/s  reads(n, KB/s) writes(n, KB/s) suspect/s   IP              Name
     0 |      0        0 |   0    0 |      0 |    10.63.97.34      NETAPPuser1



 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.