メインコンテンツまでスキップ

原因 OncRpcTcpInvalidRecordMarker が発生した EMS 「 Nblade.nfsConnResetAndClose 」

Views:
322
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • NFS

回答

  • EMS.log タイプのエラーをログに記録します Nblade.invTcpRecordMarker
  • この場合は Nblade.nfsConnResetAndClose 、エラーが発生し、原因が表示されます Nblade.InvTcpRecordMarker

例:
Nblade.invTcpRecordMarker: Invalid TCP record marker received from remote IP address x.x.x.x on local port xxxx. Vserver ID associated with this operation is x.
Invalid reason is TCP_FRAGMENT, invalid record marker is xxxxxxxxx.

Nblade.nfsConnResetAndClose: Shutting down connection with the client. Vserver ID is x; network data protocol is NFS; client IP address:port is x.x.x.x:xxx. local IP address is x.x.x.x; reason is OncRpcTcpInvalidRecordMarker.

  • このエラーメッセージは、オープンネットワークコンピューティング / リモート手順コール要求で無効な TCP レコードマーカーが原因で TCP 接続がリセットされたときに表示されます。
  • すべての NFS 呼び出しの先頭が RPC 呼び出しである場合、この RPC 呼び出しのビット数が正しくないか、クライアントから ONTAP が想定していないビット数であると、 ONTAP はクライアントの TCP 接続をリセットします。
  • そのため、2つ目 Nblade.nfsConnResetAndClose のエラーが表示される可能性があります。
  • このエラーメッセージには、 Filer に誤った RPC ヘッダーを送信しているクライアント、使用していたローカル TCP ポート、 Vserver 、レコード・マーカーが示されます。
  • 以下は ONC RPC ヘッダーの無効な TCP レコードマーカーの各サブタイプです。

:以下 の 3 つのケースすべてについて、クライアントが無効なレコードマーカーを送信している理由をクライアントベンダーに確認してください。
 

  1. tcp_fragment:クライアントは現在サポートされていない RPC TCP フラグメントを送信しました。

例:
Nblade.invTcpRecordMarker:error]: Invalid TCP record marker received from remote
IP address x.x.x.x on local port xxxx. Vserver ID associated with this operation is x.
Invalid reason is TCP_FRAGMENT, invalid record marker is 4.

2.tcp_data_length_overflow:受信したレコードマーカーがサポートされている最大サイズ( 8.2 より前の 70KB )を超えていました。300KB 8.2 以上、 9.0 以降では 1MB )

例:
Nblade.invTcpRecordMarker:error]: Invalid TCP record marker received from remote
IP address x.x.x.x on local port xxxx. Vserver ID associated with this operation is x.
Invalid reason is TCP_DATA_LENGTH_OVERFLOW, invalid record marker is xxxxxxxxx.

3.tcp_data_length_underflow:受信したレコードマーカーがサポートされている最小サイズより小さい(レコードマーカーは 40 バイト以上である必要があります)

例:
Nblade.invTcpRecordMarker:error]: Invalid TCP record marker received from remote
IP address x.x.x.x on local port xxxx. Invalid reason is TCP_DATA_LENGTH_UNDERFLOW, invalid record marker is 24.

追加情報

このメッセージ telnet xxx.xxx.xxx.xxx 2049 が表示される理由の1つに、クライアントがを実行してNFSへのアクセスを確認することがあります。

Linux client : 
[root@RHELClient8 ~]# telnet 10.xx.yy.211 2049
Trying 10.xx.yy.211...
Connected to 10.xx.yy.211.
Escape character is '^]'.
^]
telnet> ^C
Connection closed by foreign host.

[root@RHELClient8 ~]# ifconfig -a
ens192: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500
     inet 10.zz.xx.79 netmask 255.255.255.0  broadcast 10.zz.xx.255

cdot_vsim8::> date ; event log show -event *Nblade*

Time         Node        Severity    Event
------------------- ---------------- ------------- ---------------------------
4/14/2021 16:55:48  node1       ERROR     Nblade.nfsConnResetAndClose: Shutting down connection with the client. Vserver ID is 2; network data protocol is NFS, Rpc Xid 0x0; client IP address:port is 10.zz.xx.79:33504. local IP address is 10.xx.yy.211; reason is OncRpcTcpInvalidRecordMarker.
4/14/2021 16:55:48  node1       ERROR     Nblade.invTcpRecordMarker: Invalid TCP record marker received from remote IP address 10.zz.xx.79 on local port 2049. Vserver ID associated with this operation is 2. Invalid reason is TCP_FRAGMENT, invalid record marker is 218824696.

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.