メインコンテンツまでスキップ

Autonomous Ransomware Protection(ARP)を有効にする場合に必要なライセンス

Views:
468
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas<a>2009329928</a>
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.10.1
  • ONTAP 9.11.1以降
  • 自律型ランサムウェア対策(ARP)

回答

ONTAP 9.10.1以降では、自律型ランサムウェア対策(ARP)機能でNAS(NFSおよびSMB)環境のワークロード分析を使用して、ランサムウェア攻撃の可能性がある異常なアクティビティをプロアクティブに検出し、警告します。

ARP機能は、次のライセンスでイネーブルになります。

ONTAPのリリース ライセンス

ONTAP 9.11.1以降

ランサムウェア対策

ONTAP 9.10.1

MT_EK_MGMT(マルチテナントキー管理)

  • ONTAP 9.11.1以降にアップグレードする際、システムでARPがすでに設定されている場合は、新しいランサムウェア対策ライセンスを購入する必要はありません。新しいARP設定の場合は、新しいライセンスが必要です。

  • ONTAP 9.11.1以降からONTAP 9.10.1にリバートする場合に、Anti-ransomwareライセンスでARPを有効にすると、警告メッセージが表示されるため、ARPの再設定が必要になることがあります。ARPのリバートについて説明します。

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.

 

  • この記事は役に立ちましたか?