メインコンテンツまでスキップ

XCP引数のすべては何ですか

Views:
27
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
netapp-xcp
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

XCP

回答

XCP で使用可能な引数のリストを次に示します。

引数 説明 入力タイプ デフォルト値 非表示
FMT 出力のフォーマット 文字列 N/A False
Match フィルタに一致するファイルとディレクトリのみを処理します 文字列 N/A False
除外する フィルタに一致するファイルとディレクトリを除外します 文字列 N/A False
上位 上位 n 個のファイルだけを処理し、属性式で順序付けます 文字列 N/A True
limit テストする inode の数を制限します 整数 N/A True
コピー 各ファイルツリーをコピー先(最後のパス)にコピーします。 N/A N/A False
確認カクニン コマンドでは、カタログインデックス番号を使用せずに、コピー処理後にソースディレクトリとターゲットディレクトリの間でバイト単位のデータを完全に比較します N/A N/A False
アーカイブ 各バッチのデータチャンクを圧縮して保存します N/A N/A True
MD5 ファイルのチェックサム(インデックス作成時にチェックサムファイルも保存) N/A False False
du サブディレクトリを含め、各ディレクトリのスペース使用量を要約します N/A N/A False
ダーク サブディレクトリを含むディレクトリのスペース使用量を KB 単位で集計します N/A N/A False
subdir - 名前 ディレクトリ内の最上位レベルのサブディレクトリの名前を返します N/A N/A True
初期化 検索 / 照合のセットアップ(オプション) 文字列 N/A False
readonly readonly ソースを指定します N/A N/A True
ライブ ライブソースコードを有効にします N/A N/A True
nosattr Nosattr N/A False True
nolinks ハードリンクを通常の個別のファイルとして扱います N/A N/A True
cnmax 同時ツリー検索ノード 整数 64 True
cfiles プロセスごとの同時ファイル数 整数 100 True
stmax サブディレクトリ 整数 6 True
重複排除の見積もりをレポートに含めます N/A N/A False
バッチレン バッチあたりの概算ファイル数 整数 5000 True
バッチサイズ バッチサイズのしきい値 N/A 900M True
copyZeros の場合 ゼロブロックをコピー(スパースファイルを保持しない) N/A N/A True
nocatalog カタログはまったく使用しないでください N/A N/A True
JobId ファイル / ディレクトリを db に挿入するために使用されるジョブ ID 文字列 N/A True
allowchunks 1 つのディレクトリを複数のバッチにまたがってください N/A N/A True

 

追加情報

非表示のオプションの詳細について [1] は、使用しているバージョンの XCP リファレンスガイドを参照してください。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.

 

  • この記事は役に立ちましたか?