メインコンテンツまでスキップ

温度影響を受けやすいStorage Efficiency機能はSnapMirrorにどのように影響しますか。

Views:
158
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • SnapMirror
  • 温度識別型Storage Efficiency(TSSE)

回答

  • 温度に基づくStorage Efficiencyは、データの「温度」 またはデータが使用される頻度に基づいてデータを圧縮する方法です。
  • 「コールド」データ(あまり使用されないデータ)は、より高い圧縮率で再圧縮されるため、ストレージ効率が向上します。

追加情報

ONTAPのデフォルト設定
  • ONTAP ONTAP 9.9.1を実行しているAFFプラットフォームでは、TSSEが新規ボリュームに対して有効になります。
  • ONTAP 9.10.1以降では、AFFプラットフォームの新規ボリュームに対するTSSEのデフォルトが廃止され、ボリューム作成時に明示的に有効にする必要があります。
  • ONTAP 9.10.1以降では、 storage-efficiency-mode ボリュームのがに設定されている場合にTSSEが有効になる efficient
  • TSSEは、ONTAP 9.10.1以降を実行しているAFFプラットフォームの既存のボリュームで使用できます。
SnapMirrorの操作
  • TSSE 設定はデフォルトでSnapMirrorデスティネーションボリュームに継承され、一部の例外を除き、SnapMirror関係ではソースボリュームの重複排除と圧縮による削減がデフォルトで維持されます(後述のセクションを参照)。
  • ONTAPのリリースおよびプラットフォームでサポートされている場合、SnapMirrorデスティネーションボリュームでTSSEを有効にするための手順は必要ありません。
  • ONTAP 9.6以前のデスティネーションにTSSEボリュームをレプリケートすると、 Invalid data operation(Replication engine error)""またはFailed to start transfer. (Operation not supported)""でSnapMirrorが失敗することがあります。 [1] 詳細と修正されたリリースについては、バグ1384963を参照してください。この問題は、ONTAP 9.7以降のデスティネーションでは実行されません。
  • ONTAP 9.7以前でTSSEボリュームからデスティネーションにレプリケートすると、 ネットワーク経由での圧縮による削減効果が失われます。SnapMirror は引き続き重複排除による削減効果を維持
  • TSSEは 、ONTAP 9.10.1までFabricPoolと互換性がありません。   ONTAP 9.10.1より前のリリースを実行しているTSSE SnapMirrorソースボリュームからFabricPool SnapMirrorデスティネーションにレプリケートする場合、圧縮されたブロックはFabricPoolで階層化される前にデスティネーションで解凍されます。
SnapMirrorデスティネーションでの圧縮による削減量
  • TSSEでは  、SnapMirorデスティネーションに圧縮されたデータを正常に書き込むために連続したブロック番号が必要
  • 連続するブロック番号を使用できない場合、SnapMirrorデスティネーションボリュームにデータが書き込まれる可能性があります。圧縮されていない場合や、圧縮による削減効果が低下する場合があります。
  • これが発生する一般的なシナリオは次のとおりです。
    • デスティネーションアグリゲートのスペースが少なくなっています。デスティネーションアグリゲートに十分な空きスペースを確保しておくと、TSSEで圧縮による削減効果が失われないようにすることができる
    • デスティネーションアグリゲートが古い(アグリゲート内のアグリゲートとボリュームが長期間存在している)ため、連続する ブロック番号が少なくなる
  • 親トピック: SnapMirrorのStorage Efficiencyの設定と動作

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.