メインコンテンツまでスキップ

ONTAP SnapMirror関係の更新試行回数を変更する方法

Views:
316
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • ONTAP Select

説明

  • 手動更新とスケジュールされたSnapMirror更新は、中止状態になったときに再試行されます
  • デフォルトの試行回数は、7回の再試行に加えて、初回の更新試行回数に基づいて8回です(デフォルト)。
  • 再試行回数および結果のメッセージをトラブルシューティングすると、エラーを再現するために必要な時間を増やしたり、ルート原因 を検索したりすることができます
  • SnapMirrorの再試行回数を設定できます。再試行回数を減らすと、SnapMirrorの問題のトラブルシューティングに必要な時間を短縮できます
    • 再試行回数を減らすと、パケットトレースの収集中にエラーに迅速に到達する必要がある場合に特に役立ちます

 

  • SnapMirror関係は、それぞれのSnapMirrorポリシーで管理されます
    • 再試行は、これらの同じポリシーによって制御されます

 

次の例では、SnapMirrorがネットワークエラーで失敗しているため、パケットトレースを実行しています。パケットトレースが非常に迅速に大きくなる可能性があるため、トレースを開始し、エラーを再現し、トレースを停止してサイズを管理しやすくすることが理想的です。再試行回数を減らすのに理想的な状況です。

 

SnapMirrorエラー: 

network error(CSM: Request was canceled because of a connection failure.)

network error(CSM: An operation did not complete within the specified timeout window.))

 

CSMの障害: 

CSM: Connection aborted.
CSM_CANNABORTED

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.