メインコンテンツまでスキップ

「-quick-resync」パラメータを指定してSnapMirror逆再同期を実行する方法

Views:
398
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
ontap-9
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • 拡張データ保護(XDP)
  • ONTAP 9

説明

この資料では、手順を使用してSnapMirror逆再同期を実行する方法について説明します。 -quick-resync true

-quick-resync true :は、タイプXDP関係でのみ機能します。

このパラメータを使用すると、   次の3つの状況でSnapMirror逆再同期の完了時間を短縮できます。

  • XDP SnapMirrorまたはSVMDRの逆再同期には、想定よりも時間がかかります
  • 転送速度が非常に遅く、デスティネーションに送信されるデータ量が少ないように見える
  • snapmirror show または 、ONTAP System Manager からSnapMirror Relationship Statusが Preparing 大量に報告され、Data Warehouseの再構築処理が実行中であることが示されます。
Data Warehouseの再構築処理について
  • Relationship StatusがPreparingの関係は、Data Warehouseの再構築処理に関係します
  • Data Warehouseには、ソースボリュームでの重複排除による削減を維持するために重要なメタデータが含まれています
  • Type-XDP SnapMirror関係またはSVMDR関係で 逆再同期または「逆再同期」で関係が反転された場合、Data Warehouseの再構築が必要になります。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.