メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9でSnapMirrorをグローバルに調整し、他のワークロードへの影響を軽減します

Views:
1,732
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

ONTAP 9

回答

  • ONTAP 9には options 、クラスタシェルのコマンドを使用して設定可能なグローバルSnapMirrorスロットルオプションが導入されています。
    • 例:

::> options -option-name replication.throttle.enable <on|off>

::> options -option-name replication.throttle.incoming.max_kbs <KBps>

::> options -option-name replication.throttle.outgoing.max_kbs <KBps>

  • ONTAP 9グローバルスロットルは、リモートおよびローカルのType-DPおよびType-XDP SnapMirrorに影響します。
  • グローバルスロットルの変更はすぐに反映され、  関係ごとのスロットルの変更 は次回の転送時に反映されます。
    • :ONTAPのすべてのレプリケーションスロットルは、1秒あたりのキロバイト数で表示されます。
  • グローバルに調整する必要がない場合は、関係ごとに調整することもできます。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.