メインコンテンツまでスキップ

SnapMirror/SnapVault の「 LAG 」とは何を意味しますか。

Views:
349
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9
  • SnapMirror
  • SnapVault

回答

  • SnapMirror関係の遅延は、Snapshotが作成された時点と次回の 転送 が完了した時点でのデスティネーションでのシステム時間の差です。
    • 例えば
      • スナップショットは8:00に作成されます。
      • スケジュールされたSnapMirror更新は12:00に実行されます。
      • 転送が完了するまで15分かかります。
      • 遅延時間は 4時間 15分になります。
        • それはどのように計算されますか? Snapshotの作成時間と転送開始時間の差は4 時間+転送完了まで15分です。
  • SnapMirror 関係またはSnapVault関係の遅延時間は、次の式を使用して計算します。
    • Snapshotのタイムスタンプ
    • デスティネーションシステムの時刻
    • ソースからデスティネーションにSnapshotを転送するのに必要な時間
  • 「遅延」という用語は通常、パフォーマンスに関連しており、遅延は  前回正常に更新されてからの経過時間であると一般的に認識されています。
  • これは完全に間違っているわけではありませんが、次の2つの要因は考慮されていません。
    • ソースとデスティネーションのストレージコントローラの時刻(クロックとタイムゾーンに基づく)
    •  転送の期間
  • ソースとデスティネーションの時刻 は、ファイルシステムとスナップショットのタイムスタンプを決定するため、重要です。
    • 時刻が正しく設定されていないと、タイムスタンプが不正確になります。  
    • 遅延は Snapshotのタイムスタンプに基づいて計算されるため、時間が正しくなければ遅延は正しくありません。  
  • レプリケーションの性質上、転送期間も見落とされます。
    • 遅延は 、転送の開始時間と完了時間だけに基づいて測定されるわけではありません。
    • 遅延は  、ソースでSnapshotが作成された時間と 転送時間から測定されます。 
      • 転送 方法は、スケジュールによる更新または手動による更新の転送です。 
  • 次のSnapMirrorのシナリオについて考えてみましょう。
    ソース  デスティネーション
    コントローラA:vol_1 コントローラB:vol_1_mir
  1. スケジュールされた更新は  午後12時に開始されます。
  2. ソースボリュームでSnapMirrorのSnapshotが作成され、転送が開始されます。
  3. 転送が完了するまで45分かかります。
  4. デスティネーションシステムの時刻が 午後12:46になりました。
  5. 1分前に転送が完了しました

手順5で測定した場合、 遅延 は 46分になります。理由は次のとおりです。

  • ソースでSnapshotが作成されてから46分が経過しました。
  • Snapshotがデスティネーションに正常に転送されてから46分が経過しました。
  • デスティネーションでは  、次の違いを検出することで遅延が計算されます。
    • Snapshot作成時のタイムスタンプ
    • デスティネーションストレージコントローラの クロックに基づく、デスティネーションの時刻
    • デスティネーションまたはソースで時刻が正しく設定されていない と、遅延時間は正しくありません。
  • ここでは、次のシナリオについて考えてみます。
    プライマリ セカンダリ
    CIFS_SVM:vol_1 CIFS_DR:vol_1_dr
  1. vol_1のSnapshotポリシーに基づいて、 午後5時にSnapshotが作成されます。
  2. SnapMirrorラベルsv_dailyでSnapshotが作成されます。
  3. 翌朝の午前1時に、スケジュールされたSnapMirror 更新がトリガーされ、sv_dailyというラベルのSnapshotをレプリケートするように設定されます。
  4. 転送が完了するまでに30分かかります。

このシナリオの遅延は 8時間30分になります。理由は次のとおりです。

  • スケジュールされたSnapMirror更新では、Snapshotが作成されてsv_dailyというラベルが付けられてから8時間が経過しています。
  • ソースからデスティネーションへのSnapshotの転送に30分かかった

まとめ

  • LAGは、Snapshotのタイムスタンプとデスティネーションシステムの時刻の差です。
  • 遅延:ソースからデスティネーションへのSnapshotの転送に必要な時間を含む
  • Snapshotのタイムスタンプと転送時間を比較してみると、「長い」遅延時間が正常であることがよくわかります。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.