メインコンテンツまでスキップ

が再開可能な SnapMirror チェックポイントを削除するタイミング

Views:
295
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9 以降
  • ONTAP 8.3

回答

  • デスティネーションクラスタから SnapMirror show、パラメータ-snapshot-checkpointを指定してコマンドを実行し、ベースライン転送のステータスと再開チェックポイントを表示します。

cluster2::> snapmirror show -destination-path dest_vserver:vol3 -fields snapshot-checkpoint source-path destination-path snapshot-checkpoint -------------------- ---------------- ------------------- src_system:vol3 dest_vserver:vol3 50MB
  • SnapMirrorチェックポイント SnapMirror initializeが存在する場合は、コマンドを使用してベースライン転送を再開します。

cluster2::> snapmirror initialize -destination-path dest_vserver:vol3

ただし、再開可能チェックポイントは、次のいずれかの条件で削除できます

  1. ボリュームがオフラインとしてマークされ、何らかの方法で削除された場合。
  2. SnapMirror break' 関係に対して'コマンドが発行された場合。
  3. 強制中止スイッチが設定されたSnapMirrorが実行された場合。強制中止を実行すると、チェックポイントが削除されます。

再開可能チェックポイントが削除された場合、転送を再開すると、チェックポイントからではなく、最初から開始されます。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.