メインコンテンツまでスキップ

新しいONTAP Selectクラスタを導入する場合や既存のクラスタに容量を追加する場合に、必要な容量に基づいてストレージプールのオーバーヘッドを計算する方法

Views:
14
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-select
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • ONTAP Select
  • VMwareデータストア

説明

  • 新しいONTAP Selectクラスタを導入するときは、クラスタを安全に導入して使用できるように、ストレージプールの容量制限を適切に指定する必要があります。
  • ストレージプールのオーバーヘッドを計算する方法は、新しいSELECTクラスタを作成する場合や既存のクラスタに容量を追加する場合で異なります。
  • 必要なストレージプールの最小容量を計算する際には、次の点を考慮する必要があります。
    • ONTAP Selectノードの使用に必要な容量。
    • ONTAP Selectシステムのバックエンド処理用にリザーブされたオーバーヘッド:ノードあたり130~272GB
    • 2%のバッファが合計ストレージプール用に予約されています。

注:

  • 2%のバッファが各ストレージプールで未使用のままになっており、このバッファは使用可能な容量のチェックにのみ使用されます。
  • ストレージプール上に作成されたONTAP Select仮想マシンはシンプロビジョニングを使用して試行されますが、基盤となるストレージポリシーに基づいて実行されます。
  • 有効にすると、ONTAP Selectは指定されたストレージの全容量をすぐに消費することはありません。
  • ONTAP Selectに割り当てられているストレージを使用しようとすると、十分なストレージが使用できなくなると、データサービスが停止します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.