メインコンテンツまでスキップ

E シリーズシンボリュームで SCSI UNMAP を使用する場合の VMware の考慮事項を教えてください。

Views:
42
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

E シリーズ コントローラ ファームウェア 8.xx

回答

08.25.05 以降を使用してシンボリュームを作成すると、 UNMAP をサポートするホスト OS によってシンとして認識されます。UNMAP は、ホストシステムによってストレージアレイに発行される SCSI コマンドで、アプリケーションまたは OS によってディスクブロックが削除されたあとにシンボリュームのスペースを再利用できます。シンプロビジョニングされたボリュームは、 08.2505 よりも前のバージョンで作成されている可能性がありますが、ホスト OS にシンボリュームとして報告されません。

:旧ボリュームでのシンレポートを有効にする手順については、記事「 How to enable Unmap on existing Thin Volumes for VMware ESXi 」(英語)を参照してください

VMware では、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えるために、スペース再生はすでに手動アクティビティとして定義されているため、デフォルトの変更を行う必要はありません。次の VMware ナレッジベースの記事では、 esxcli コマンドを使用
して vSphere 5.5 および 6.0 のスペースを再利用する方法について説明しています。 VMware KB : vSphere 5.5 および 6.0 で esxcli

を使用して、シンプロビジョニングされた LUN ( 2057513 )の VMFS 削除済みブロックを再利用する vSphere の以前のバージョンでは、別の CLI コマンドを使用して再利用します。現在、 SANtricity OS 8.25 でサポートされている VMware ESXi の最も古いバージョンは 5.1 U3 です。  次の VMware ナレッジベースの記事では、 vmkfstools の使用方法と、 UNMAP が LUN でサポートされていることを確認する方法について説明します。
VMware KB : vmkfstools を使用したシンプロビジョニング LUN での VMFS 削除済みブロックの再利用( 2014849 )

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.