メインコンテンツまでスキップ

クライアントの接続先のノード、ポート、またはLIFを決定する方法

Views:
116
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • clustered Data ONTAP 8
  • clustered Data ONTAP 8.1

説明

Data ONTAP Cluster-Modeでは、NASアクセス用に、多数のクライアントをクラスタ内のさまざまなノードに接続できます。特定のクライアントの接続先のノード、ポート、またはLIFを把握しておくと便利な場合があります。

次に、考えられるシナリオをいくつか示します。

  • 特定のクライアントに接続の問題がある場合は、パケットトレースを実行できるノードを特定する必要があります。
  • 特定のクライアントで例外的な負荷を実行している場合は、ロードバランシングの目的で接続されているLIFを特定するのに役立つことがあります。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device