メインコンテンツまでスキップ

ノードのRDBサイトリストで使用される2つのIPアドレスは、同じクラスタスイッチActive IQ ウェルネスリスクに接続されています

Views:
11
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • 3 個以上のクラスタ LIF があるノード
  • 適用対象外:
    • ONTAP Select
    • Cloud Volumes
    • スイッチレスクラスタ

リスクの概要

潜在的影響:

このリスクの影響を受けるクラスタでは、クラスタネットワークスイッチに障害が発生したり、リブートされたりすると、クォーラムが失われる可能性があります。  クォーラムのメンバーでない場合、データアクセスが失われる可能性があります。

説明:

ノードに設定されているすべてのクラスタLIFが、両方のスイッチに均等に分散されている必要があります。  サイトリストのIP設定が2つの異なるクラスタインターコネクトスイッチに接続されていない場合、ノードはクラスタインターコネクト経由で完全な冗長性を実現するように設定されていません。

このリスクは、ケーブル接続の問題 に 該当しないものとして特定されています。

  1. ノード構成ごとに4つのクラスタネットワークインターフェイスを設定し、次の処理を実行します。
  • クラスタインターコネクトスイッチ#1に接続されたポートには、2つのLIFがホームになっている必要があります。
  • クラスタインターコネクトスイッチ#2に接続されたポートでは、LIFが2つホームになっている必要があります。

および

  1. 各ノードのONTAPサイトリストテーブルに表示されている2つのクラスタインターフェイスは、別 々 のスイッチ上にあります。   

例:

各ノードのサイトリストテーブルにあるクラスタネットワークインターフェイスは、2つのクラスタスイッチ間で均等に分散されます。  

ノードのRDBサイトリストで使用されている2つのIPアドレスが同じクラスタスイッチに接続されている- Active IQ健全性リスク

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device