メインコンテンツまでスキップ

ONTAP ギブバックの拒否とは

Views:
49
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9

回答

ギブバックが拒否された場合、EMSメッセージを調べて原因を特定する必要があります。その理由に応じて、拒否を無視しても問題がないかどうかを判断できます。

storage failover show-givebackコマンドはギブバックの進捗を表示します。ギブバックを拒否したサブシステムがある場合はそのサブシステムも表示されます。拒否の中には、無視してもかまわないソフトなものと、強制しても無視できないハードなものがあります。 

次のコマンドを使用して、ギブバックの拒否に関するEMSの詳細を確認できます。

event log show -node * -event gb*

 

次に、ONTAP で報告される一般的な拒否の一覧を示します。

拒否名

説明

AutoSupport (AutoSupport )

(ルートアグリゲートのみ)

この拒否は、停止したノードの代わりにサバイバーノードが実行するAutoSupport 収集を保護します。 

 

コアダンプ(コアダンプ)

(ルートアグリゲートのみ)

ハードウェア障害またはソフトウェア障害でONTAP パニックイベントが発生した場合、ディスク上の場所をあらかじめ抑制するためにコアダンプが格納されます。  コアダンプファイルには、メモリおよびNVRAMの内容が含まれています。  コアダンププロセスでは、分析用にアップロード可能な単一のファイルにデータが保存されます。 

この拒否は、テイクオーバーホストがコアダンプをファイルに保存中であることを示します。

ディスクインベントリ(disk_inventory)

 

この拒否は、ハイアベイラビリティ(HA)ペアの一方のノードで、ディスクインベントリ内の複数のディスクがパートナーノードから報告されたディスクと一致しないと報告された場合に発生します。これは、特定のディスクインベントリの不一致メッセージを絞り込むために十分な不一致が発生した場合にのみ発生します。

拒否の原因には、次のいずれかが考えられます。

  1. 一方のノードでは、もう一方のノードでは認識できないディスクを使用できます。

  2. 複数ディスクの所有権が変更されました。

  3. 複数のディスクで障害が発生したか障害が発生していない。

  4. 複数のディスクが挿入または削除されている。

ダンプ/リストア(ダンプ)

 

この拒否は、再配置またはホームに送信されるアグリゲートに属するボリュームでNDMPバックアップまたはリストアを実行中の場合に発生します。  

サードパーティ製バックアップアプリケーションは、NDMPプロトコルを使用してバックアップ/リストアを開始します。バックアップ/リストアはチェックポイントから再開することはできません。自動的に再開されることも、ONTAP コマンドを使用して再開することもできません。処理を最初にトリガーしたサードパーティ製バックアップアプリケーションを使用して、処理を再開する必要があります。

キー管理ツール(keymanager)

 

この拒否は、パートナーノードのアグリゲートの暗号化されたボリュームのボリューム暗号化キーを使用できない場合に発生します。

 

ロックマネージャ(lock_manager)

ギブバックの実行中、ONTAP はCIFS oplock、NFSv4委譲、およびFlexCache 読み取り専用委譲を取り消します。  この拒否は、処理が進行中であることを示します。

 

RAID(RAID)

 

この拒否は、次のようなRAID処理が実行中であることを示します。

  1. ディスク所有権の再割り当て

  2. ディスク追加処理です

  3. ミラー検証

  4. ミラーの再同期

  5. NVFileを保留しています

拒否された原因 トラブルシューティングについては、「ONTAP アグリゲートのギブバックが拒否される理由」を参照してください

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device
  • この記事は役に立ちましたか?