メインコンテンツまでスキップ

キュー深度とディスクキューの違い

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  • ONTAP
  • FCP

回答

キュー深度:
  • キュー深度はストレージパラメータです。
  • キュー深度は、ストレージ コントローラで一度にキューに格納することができる、I/O要求(SCSIコマンド)の数です。
  • ホストのイニシエータHBAからストレージ コントローラのターゲット アダプタへのI/O要求ごとに、キュー エントリが1つ作成されます。
  • キュー深度が大きいほどパフォーマンスは向上します。
 
ディスクキュー:
  • これはホストディスクパラメータで、ホストOSによって設定されます。
  • Disk Queueは、サンプル間隔中にキューに登録され、ディスクを待機している要求の数を追跡します。
  • このカウンタは、ホストでのディスクパフォーマンスの問題を理解するのに役立ちます。
  • ディスクキューの値はOS構成であり、OSチームによって推奨されます。

追加情報

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
  • この記事は役に立ちましたか?