メインコンテンツまでスキップ

256KB以上のIOサイズに対するクラスタインターコネクトのレイテンシが高くなっています

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf<a>翻訳</a><a>の場合は2009202643 </a>
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • NFS
  • CIFS

問題

  • 高レイテンシ、低スループットが確認されました。
  • 高レイテンシは主にクラスタインターコネクトで発生し、CLI、AIQ PAS、その他のパフォーマンス監視ツールで確認可能

cluster1::> qos statistics volume latency show -instance vol1
Workload     ID    Latency  Network  Cluster   Data    Disk    QoS     NVRAM    Cloud
--------------- ------ -------- -------- -------- -------- -------- -------- ---------- ----------
vol1       1234   85.87ms   0ms   85.19ms  435.00us    0ms    0ms     0ms     0ms

  • FlexGroup では、次のように混在が発生することがあり
    • 直接アクセスが可能なコンスティチュエントボリュームのレイテンシは低くなります。
    • 間接アクセスを使用するコンスティチュエントボリュームのレイテンシは、クラスタインターコネクトから大幅に高くなります。
  • CIFSとNFSの両方に影響し、この高レイテンシは、大きいIOサイズが256KB以上の場合にのみ発生します。 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.