メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 停止中のNVRAMの目的

Views:
176
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7

回答

  • 書き込みプロセス中に停電やその他の中断が発生した場合でも、アクティブなポインタが変更前のデータを参照しているため、ファイルシステムの整合性は維持されます。
    • 中断された書き込みは、次回のブート時にローカルNVRAMで引き続き使用できます。
    • このデータがチェックされ、見つかった場合はローカルメモリバッファに対して再生され、WAFL レイヤおよびRAIDレイヤを通じてただちに再処理され、次のCP時にディスクに書き込まれます。
  • 次回のブート期間には、電源が戻ったとき、ハードウェア障害が修正されたとき、またはクラスタ化されたシナリオでパートナーヘッドでのテイクオーバー時に開始されたときが含まれます。
    • 一方のノードの書き込みデータはすべてパートナーコントローラのNVRAMにも格納されているため、テイクオーバーが発生して停止したノードが仮想的にブートされたときに、確認されたすべての書き込みは、メモリバッファに対して再生され、WAFL レイヤおよびRAIDレイヤで処理されてからディスクに書き込まれます。
    • このクラスタ環境では、ギブバックが実行されて元のノードがブートすると、ノードが停止したときからNVRAMの内容が検出されます。
    • ただし、このログの再生とメモリへの書き込み処理ではなく、ノードがテイクオーバーされたこと、およびこのデータがすでに処理されたことが認識されます。
    • データがすでにディスクに書き込まれてから、NVRAMの内容が消去されます。
  • WAFL は、アクセスされる可能性が高いブロックを、ディスク上の近くにある場所に配置します。
    • これは、複数の書き込み要求をメモリにバッファし、NVRAMに変更を記録することで実現されます。
    • 一定の間隔(通常は10秒)が経過すると、バッファの内容からRAIDストライプが作成され、パリティが計算されてディスクにフラッシュされます。
    • 標準時間が経過する前にバッファがいっぱいになると、フラッシュも開始されます。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device