メインコンテンツまでスキップ

ファイバチャネルSAN環境でのネットワーク遅延

Views:
12
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • NetApp FAS / AFF システム
  • Fiber Channel Protocol(FCP)

問題

  • FCP経由でLUNにアクセスするホストのワークロードには、アプリケーションやクライアントに多大なレイテンシが発生します
  • ONTAP のレイテンシが低い( 5 ミリ秒未満) レイテンシカウンタ
  • SAN環境では、ストレージがホストから要求を受信すると、内部タイマーが開始され、各ストレージ遅延センターでの処理にかかる時間が追跡されます。これらの処理は、「ネットワーク」を除くすべて内部で行われます。
  • この タイマーは、要求がストレージによって処理され、 ホストから確認応答を受信するまで停止しません。
  • ホストの確認応答を待機している間に発生するこの遅延は「ネットワーク」レイテンシとして観察されるため、ストレージコントローラの外部とみなされます。
  • SAN 環境のネットワークレイテンシは Network 、遅延センター NetworkNetwork Processingまたは Active IQ Unified Manager ( AIQUM )では確認されますが、クラスタコンポーネントのボリュームビューでは確認できません

例:

qos statistics volume latency show Network に、3つのSANワークロードの列のレイテンシが高くなっています

cluster::> qos statistics volume latency show -node san_node1
Workload ID Latency Network Cluster Data Disk QoS NVRAM Cloud ----------- ------ ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- volume_SAN1 17882 20.51ms 20.51ms 0ms 0ms 0ms 0ms 0ms 0ms volume_SAN2 5232 15.00ms 15.00ms 0ms 0ms 0ms 0ms 0ms 0ms volume_SAN3 17160 16.00ms 16.00ms 0ms 0ms 0ms 0ms 0ms 0ms

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.