メインコンテンツまでスキップ

Active IQ Unified Manager 仮想マシン( OVA )の DIAG シェルへのアクセス方法

Views:
246
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

  • OnCommand Unified Manager ( OCUM )
  • Active IQ Unified Manager ( AIQUM )
  • VMware OVA

説明

このナレッジ記事では、 OnCommand 仮想マシンの DIAG シェルにアクセスする方法について説明しています。必要に応じて、ネットアップの技術情報アーティクルに特に記載されているアクションプランを実行してください。DIAG シェル内で行われた変更は、ネットアップガイダンスの一部ではありません。そのため、 OnCommand アプリケーションがネットアップでサポートされない場合があります。

注意 : DIAG シェル内で変更 を行うと、仮想アプライアンス内のデータが失われたり、機能が失われたりする可能性があります。

このため、 DIAG シェルを開始する前に、データベースのバックアップと仮想マシンのスナップショットを使用することを強くお勧めします。これにより、変更によって望ましくない結果が生じた場合でも、仮想アプライアンスをロールバックするための「既知の良好な」時点が得られます。

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support