メインコンテンツまでスキップ

Active IQ Unified Manager のメモリの問題を解決する方法

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

  • OnCommand Unified Manager 7.x/9x ( OCUM )
  • OnCommand Unified Manager 9.4 ( UM )
  • OnCommand Unified Manager 9.5 ( UM )
  • Active IQ Unified Manager 9.6+ 以降( AQIUM )
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2019
  • Red Hat 6.x
  • Red Hat 7.x
  • CentOS 7.x
  • VMware 仮想マシン OVA

説明

この記事では、 Active IQ Unified Manager およびメモリに関する最も一般的な問題と質問について説明します。以下は、メモリの問題が発生していることを示す観察可能な問題の一部です。

  • Unified Manager アプリケーションの実行速度が低下しています。
    • サービスがオンラインになるまでに時間がかかります。
    • WebGUI が遅い。
    • バックアップに非常に長い時間がかかる(場合によっては失敗する)
  • Unified Manager のアプリケーションの CPU やメモリの利用率が非常に高く、スワップ / ページファイルが使用されています。
  • Unified Manager アプリケーションの動作に一貫性がありません:
    • サービス停止。
    • サービスの再起動。
    • アラート通知に関する問題が発生することがあります。
    • インベントリ / パフォーマンス収集のポーリングが、通常の 15 分 / 5 分サイクル以内に完了しない場合があります。
    • 仮想環境で実行されている場合、その他の異常な(不正な)動作が一貫しません。
  • VMware ESXi では、次の 1 つ以上が表示されます。
    • メモリバルーン
    • スワッピング
    • 透過的なページ共有
    • 圧縮
  • 体重計モニタリングメッセージ
    • Unified Manager サーバのメモリが減少
      • Memory_low_on_ocum.PNG
  • ログ表示:
    • MySQLerror.logファイル:
      • 2020-04-12T04:02:10.036849Z 205 [Note] Aborted connection XXX to db: 'unconnected' user: 'jboss' host: 'localhost' (Failed on my_net_write())
      • 2020-04-12T08:50:42.808598Z 450 [Note] Got timeout reading communication packets
    • Unified Managerserver_mega.logファイル:
      • 2020-04-12 06:11:01,221 ERROR [default task-4] c.n.s.s.a.OriginatorUpdateServlet (OriginatorUpdateServlet.java:82) - Transaction rolled back: javax.ejb.EJBTransactionRolledbackException: Transaction rolled back
    • Unified Managerocumserver.logファイル: 
      • 2019-06-06 02:49:49,566 INFO [oncommand] [pool-22-thread-4] [c.n.d.e.p.e.b.UnifiedManagerMemoryEventTypeController] Scale Monitor: New Memory Event Created: event id=128123,eventSeverity=low, thresholdValue=5.0, currentUsageValue=6.690000057220459, totalMemorySizeValue=1.365997568E10, jvm=AuJvm
      • 2019-06-06 01:49:49,190 INFO [oncommand] [pool-22-thread-55] [c.n.d.e.p.e.b.UnifiedManagerMemoryEventTypeController] Scale Monitor: New Memory Event Created: event id=128094,eventSeverity=almostOut, thresholdValue=7.0, currentUsageValue=7.195000171661377, totalMemorySizeValue=1.365997568E10, jvm=AuJvm

メモ:これは、メモリの問題を示すログの完全なリストではありません。ネットアップサポートでは、メモリの問題を示すログ行も提供しています。

メモリの問題のほとんどは、 2 つのカテゴリに分類できます。さらに、これら 2 つのカテゴリは、最も一般的な 2 つの質問に分類することもできます。

一般的なメモリの問題
: 1.十分なメモリが割り当てられていません。
2. メモリが予約されていない。

メモリに関するよくある質問
: 1.Active IQ Unified Manager に必要なメモリ容量
2. メモリは Active IQ Unified Manager 用に確保する必要がありますか?

この 2 つのカテゴリに分類されない問題が発生する場合がありますが、メモリ照会のライオンのシェアには、正しいメモリ割り当て量とメモリ予約量の両方が含まれます。Active IQ Unified Manager ( AIQUM )を専用のハードウェアで実行しているお客様と、仮想環境で実行しているメモリの問題が少ないお客様がいらっしゃいます。これは、これらの 2 つの要素が基本的に排除されているためです。専用の物理ハードウェアで使用可能なすべてのメモリは、 AIQUM サーバにのみ割り当てられるのではなく、他のサーバ間で共有されることもありません。AIQUM を物理ハードウェアに導入する必要はありませんが、メモリを割り当てることと予約することの重要性を示す例として、ネットアップサポートが共有する監視を実施します。通常、適切な容量のメモリが割り当てられ、予約されている仮想環境に AIQUM をインストールしても、メモリの問題は発生しません。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support