メインコンテンツまでスキップ

ONTAP EMS の重大度を Active IQ Unified Manager イベントの重大度にマッピングします

Views:
2
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

Active IQ Unified Manager

回答

 ONTAP EMS の重大度を Active IQ Unified Manager イベントの重大度にマッピングします

追加情報

Active IQ Unified Manager が受信ocum.OntapEms した OntapEms 購読ユーザーごとに 'OntapEms の情報属性が概要データベース ( 表 ) に保存されますここでは ' 表のフィールドの Active IQ Unified Manager を示します

 

UM CLI コマンド:

このグローバルオプションを使用して、サブスクライブされた ONTAP EMS の処理を有効または無効にできます。このグローバルオプションが無効になっている間は、 UI から EMS を保存できますが、 syslog で受信したときに処理されません。このオプションのデフォルト値は enabled です
um option list ontap.generic.ems.processing.enabled

 

受信したすべてのサブスクライブ済み ONTAP EMS のレコードは OntapEms テーブルに保持され、定期的に消去されます。次のオプションは、サブスクライブした ONTAP EMS レコードの保持期間を制御します。デフォルト値は 30 日です。
um option list ontap.ems.retention.duration

 

このグローバルオプションを使用すると、いくつかの重大度タイプの ONTAP EMS を処理しないように選択できます。現在、すべての ONTAP EMS 重大度タイプは処理されるため、特定の EMS 重大度に対する制限を追加または削除する場合は、このオプションのデフォルト値に反映されます。このグローバルオプションの値を変更することで変更できます。たとえば、お客様が [informational 、 notice 、 debug] を無効にすると、次のようになります。
um option list ontap.ems.severity.types.disabled

 

Scan to view the article on your device