メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

SANtricity パフォーマンスモニタの E シリーズの推奨設定

Views:
31
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-santricity-management-software
Specialty:
esg
Last Updated:

に適用されます

E シリーズ SANtricity 管理ソフトウェア

回答

SANtricity ソフトウェアの Performance Monitor では、ストレージアレイの主要なパフォーマンスデータを追跡し、アレイのパフォーマンスボトルネックを特定することができます。

SANtricity の Performance タブにある Performance Monitor ダッシュボードには、最初に 5 つの定義済みチャートと 1 つの未定義ポートレットが表示されています。ただし、これは、単一のリアルタイムグラフとして、またはダッシュボードとしてカスタマイズして、最大 6 つのカスタマイズ可能な統計を表示できます。

パフォーマンスモニタを使用する場合は、次のガイドラインに注意してください。

  • パフォーマンスモニタを使用すると、サンプリング間隔の経過ごとにストレージアレイが再度照会され、データが更新されます。ストレージアレイのパフォーマンスへの影響は最小限です。
  • 収集されたパフォーマンスデータは、認識される(マッピングされた) I/O ホスト、 Snapshot グループのリポジトリボリューム、および整合性グループのリポジトリボリュームについてのみ表示されます。ミラーリポジトリボリュームのデータは収集されません。
  • コントローラまたはストレージアレイについて報告される値は、すべてのボリュームについて報告される値の合計よりも大きくなる場合があります。コントローラまたはストレージアレイについて報告される値には、ストレージアレイ内部のホスト I/O と I/O (メタデータの読み取りと書き込み)の両方が含まれ、ボリュームについて報告される値にはホスト I/O のみが含まれます。
  • リアルタイムのパフォーマンス監視グラフには、最大 6 つのオブジェクトのパフォーマンス指標が一定期間にわたって 1 つずつプロットされます。グラフの X 軸は時間を表します。グラフの y 軸は指標値を表します。メトリック値が 99,999 を超えると、数が 9999K に達するまで 100K で始まる数千( K )で表示されます。このとき、単位は 100 万( M )です。量が 9999K より大きく 100M より小さい場合、値は 10 分の 1 で表示されます(たとえば 12.3M )。

パフォーマンスモニタに表示されるデータをカスタマイズするには、次の手順に従います。

  1. Array Management Window ( AMW )で、 Performance タブを選択します。次のいずれかの操作を実行します。変更するポートレットをダブルクリックします。  または、変更するポートレットの [ 最大化 ] アイコンをクリックします。( Portlet 6 の場合は、 Create new real-time performance graph リンクを選択します。このオプションは 'Portlet 6 が未定義の場合にのみ使用できます)
  2. View Real-Time Graphical Performance Monitor ダイアログボックスの Select metric ドロップダウンリストで、表示するパフォーマンスデータを選択します。
    一度に選択できる指標は 1 つだけです。既存のグラフからダイアログを開いた場合は、現在の指標とオブジェクトが自動的に選択されます。
  3. [ オブジェクトの選択 ] リストで、パフォーマンスデータを表示するオブジェクトを選択します。1 つのグラフで監視するオブジェクトは 6 つまで選択できます。複数のオブジェクトを選択するには、 Ctrl キーを押しながらクリックし、 Shift キーを押しながらクリックします。各オブジェクトがグラフ上の別々の線にプロットされます。
  4. 変更したポートレットをダッシュボードに保存するには、 [ ダッシュボードに保存 ] をクリックし、 [OK] をクリックします。(ダッシュボードに保存オプションは、変更を加えなかった場合、メトリックとオブジェクトの両方が選択されていない場合、またはダッシュボードのポートレットからダイアログが呼び出されなかった場合は使用できません)。 [ パフォーマンス( Performance ) ] タブのダッシュボードが新しいポートレットで更新されます。
  5. ダイアログを閉じるには、 [ キャンセル ] をクリックします。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device